タグ

タグ:変態

カテゴリ:

童貞喪失したが、目の前でアナルセックスを見て変な性癖を持った体験 2 前)童貞喪失したが、目の前でアナルセックスを見て変な性癖を持った体験 するとエージさんが、 「アユミ、リョウ君はね、多分今、凄い緊張状態にあるんだよ。アユミがフェラしたり色々してやらない...

カテゴリ:

3Pで童貞喪失してからアナルプレイと女装が趣味になってしまった 童貞喪失時に、男の人に僕のアナルに入れて欲しいと言う欲求が出た経験あります。 ちなみに現在はいたってノーマルですが。 細かく書きます。 多少読みづらい部分があったり、不愉快な部分があるかもしれま...

カテゴリ:

している所をま正面から見られることをネタにして 私はおしっこしている所をま正面から見られることをオナニーのネタにしています。 これって小学校のときになかのよかった男子に見られたことが原因なんです。 当時は特になんとも思わずに大胆に見せてあげてたんですが、...

カテゴリ:

サークルの女友達がゲームに夢中の時におしりを撫でるプレイで… サークル活動で割り当てられたある一室で、俺は所属したサークルの同期の女(みゆり・18歳)と一緒にいた。 人の少ないサークルなので、カーペットがしかれ、足の低いテーブルが置かれた手狭な部屋に今いるの...

カテゴリ:

野外でしてた物凄い変態なカップルに混ぜてもらった体験談 俺は今年で27歳になるが先日、物凄い変態なカップルと遭遇した。 その日、仲の良い友達3人といつものように街でお酒を飲みいつものように上機嫌で街へと繰り出した俺たちは女の子のナンパに必死になっていた。 し...

カテゴリ:

性にだらしない女弁護士に誘われてカーセックスしてセフレ関係になった体験談 私のテレクラでの体験を書きたいと思います。 最近はテレクラにかけても援交希望ばかりですね。 10年ぐらい前はまだ「ただヤリタイ」だけの子がいて楽勝で普通にヤレました。そんな時代のお話。 ...

カテゴリ:

人妻「知らない人にぶち込まれたいの…ねぇ、犯して、犯してください!」 暖かいある日、営業で歩いていると”パサッ”と何かが落ちてきた… 「おぉ!あぶねぇ~って…ん?」 落ちてきたのはレースの真っ白なパンティーだった。 おもむろに上を見ると、綺麗な女性が下を見て...

カテゴリ:

ノリの良い世間知らずな淫乱人妻と出会ったら超美人だった体験談 半年ほど前から出会い系のハマッてます。 私は孫もいますが、メールのやりとりと逢うまでのドキドキ感が大好きです。 最初の頃はポイントゲッターさんの見分けがつかなくて、ダラダラメールのやりとりばかり...

カテゴリ:

ノリの良い世間知らずな淫乱人妻と出会ったら超美人だった体験談 2 前)ノリの良い世間知らずな淫乱人妻と出会ったら超美人だった体験談 メールのやりとりだけでしたが、彼女から『いつにしますか?』って。 『いつでも言いですよ』って返したら、今日今からって事になり...

カテゴリ:

彼女がNTR属性で、彼女の後輩とセクロスしてる体験談 2 前)彼女がNTR属性で、彼女の後輩とセクロスしてる体験談 彼女に妹がいることはもちろんしっていたが、会ったことはなかった。 で、ある日後輩の家にいったら、後輩はいなかったんだが妹がいた。 妹も後輩と...

彼女がNTR属性で、彼女の後輩とセクロスしてる体験談 彼女がNTR属性で、今は彼女の後輩とセクロスしてる。 もともと変態だと自分でいっていた彼女なんだが、 ある日、他の人と、、、と言い出した。 ならばネットで男捜すか?といったら違う違うそうじゃなくて、 俺が...

カテゴリ:

ハケを使うのが好きと言われたから椅子に縛って責めまくった 去年、ある所で知り合った10代の子とホテルへ行った。ちなみに俺20代嫁子持ちリーマン。 3回目のホテルの時、ハケを使うのが好きなんだ、と言って俺にハケを渡してきたじゃあ、すっごく焦らしてあげるね♪ って言...

カテゴリ:

ちんこをじっと見つめてきたわけありエロ娘との体験談 駐車場で野ションベンしてたら横から視線を感じた。 何となく女のような気がしたので俺は目を合わさずに背を向けた。 恥ずかしかったのでそのまま逃げるように立ち去ったのだが、どうしても誰が見ていたのか気になっ...

姉に我慢できなくなって 俺は姉に我慢できなくなって 「マジでやめてよ、俺、姉ちゃんの体を他の男にエロい目で見られたくないんだ」って言ったんだ。 そしたら余りの俺の真剣さに面を食らったのか 「なに真面目になってるの?ちょっと買い物に行くだけじゃない?」と返され...

カテゴリ:

入社して半年の頃、31歳の女課長を抱いた体験談 2 前)入社して半年の頃、31歳の女課長を抱いた体験談 そして、課長の股間を触ると、さらに大きな声をあげた。 泡だらけの手でも、ヌルヌルしているが分かった。 課長は俺に身を委ねるように手マンで感じでいる。 「あっ...

このページのトップヘ

見出し画像
×