タグ

タグ:処女

カテゴリ:

一貫校の場合、春になるとちょっと前まで制服着てたJKが入ってくる 俺のキャンパスは中高大と一貫校で、ちょっと前まで制服着て登校してたJKが春になるとドッと入って来る。 その中で真面目でセックルなど知らない少女をサークルでゲットした。 タイムラグなしに大学に来...

カテゴリ:

オナニーを覚えた一回り年下の妹が可愛く見えて近親相姦しちゃった体験談 五日前、13歳の妹、真穂とSEXしてしまいました。 まさか自分でカキコする事になろうとは…。 僕は25歳、真穂はこの春中2になったばかりの13歳。 きゃしゃな身体してますがソフトボール部...

カテゴリ:

まさか中学のときに人気あった女子の処女を28で頂けるとは…! アダルトとはいえないかもしれないが今付き合ってる彼女の話 元々中学までの同級生でその時彼女はクラスでもトップクラスに可愛い人気がある女子 俺はイケてない方 大学まで行って他所で仕事見つけたんだけど...

カテゴリ:

嫁には言ってないからと笑われた 彼女はデパート内のショップで販売員をしてて 俺は同じ階の社員、その時は彼女30歳、娘7歳 新年会、忘年会、歓送迎会とか 飲みに行ったりしてると、彼女の相談とか受けるようになって 二人で食事行ったり飲みにいったりする仲に 自然な流...

カテゴリ:

俺も妹と数年関係を続けていた話 俺も妹と数年関係を続けていたが、最初は俺中学1年で妹は小学生 家族の中で一番懐かれていたことをいいことに一緒に風呂の最中にしごかせて射精も見せた 完全に性欲の暴走なのだが「父さん母さんには絶対内緒」という決まり文句が 俺的には...

カテゴリ:

小柄のロリ系女子大生の処女を喰った体験談 2 前)小柄のロリ系女子大生の処女を喰った体験談 Y美は両手を胸の上で交叉して、イヤイヤをするように拒みます。 「大丈夫だよ。優しくするから心配しないで」と上のジャージをゆっくりと脱がせました。 イヤイヤしながらも...

カテゴリ:

小柄のロリ系女子大生の処女を喰った体験談 十年位前、私は既に結婚して十年になっていました。 妻のことは好きですし、特に不満という訳ではなかったのですか、私にとって忘れられない女の子との短期間の思い出があります。 学生時代にアパートがあった街が懐かしく、たま...

カテゴリ:

花火大会の後にJK3人組をナンパして自宅にお持ち帰り こちらフツメンの関西人。 北関東の田舎の大学生の頃、地元のコワモテの調子だけは良い男(パチで親友になった)と2人で、19時頃、車でJK3にんに声かけた。一緒に飲まなーい?wって。 田舎だから慣れてないんだよね。え...

カテゴリ:

親の都合で海外で暮らすことになって仲の良かったナタリーと幼馴染に 日本で生まれ父ちゃんの都合ですぐに海外で暮らすことになった 記憶があるのは5歳くらいからだが いつも遊んでいたナタリー 髪はブロンド 八重歯が特徴 ナタリーの両親が共働きで一日の2/3をナタリー...

カテゴリ:

【女性】好きだった男の友達に処女を捧げた23歳女性の体験談 私は23の時、中規模の広告代理店にアシスタントとして勤務していました。 その時出入りしていたひとつ年下の新人クリエイター(の卵)S君が面白くてやさしい人で、時々一緒に食事にいったりするようになって...

カテゴリ:

処女だった今の彼女に行ってきた興奮したプレイ 処女だった今の彼女に行ってきた興奮したプレイ。 アナル生挿入、クスコ拡張、ハメ撮り、青姦、飲尿、カーセックスetc...。 特に興奮したのが、ビデオカメラでのオナニー撮影。 彼女が一度もオナニーをした事がなかったので、...

カテゴリ:

同期の処女の子の恋愛相談から寝取りに発展 ちょっと前に会社の同期の女の子と、ある業務で一緒になった。 最初は何気なく挨拶を交わすだけだったんだけど、 仕事が終わってから仕事の悩みとか恋愛相談をするうちに、 だんだん仲良くなっていった。 その子、胸がすっごく大...

カテゴリ:

同級生の女二人とお酒の席でエロ話で盛り上がり… 大学の夏休み帰郷した俺は同級生の女二人と昼間っから家飲み。 SEXの話になり盛り上がっていた。 祐子はまだ処女、ポーズだけとってみようという話になった。 貴子の目の前で正常位のポーズをとりグリグリ。 裕子の息が...

カテゴリ:

妻が妊娠中に俺に気のある同僚の娘と浮気して処女を奪ったえっちな体験談 オレは27歳で妻子持ち。 由紀との関係は3年前から始まった。 当時オレは既婚で、その時妻のお腹に2ヶ月の赤ちゃんがいた。 当然妻とは夜の生活が出来ない訳で、まだ若い俺にとってはこの上なく辛い毎日。...

カテゴリ:

得意先の美人受付嬢を食事に誘って帰りの車で処女喪失レイプ 俺は都内で営業をしている。 得意先の一つの受付嬢に加藤ローサをもう少し大人にしたような可愛い子がいた。 いつも挨拶程度しかしてなかったが、俺はその子にぞっこんだった。 ある日意を決して食事に誘ってみ...

このページのトップヘ

見出し画像
×