カテゴリ

カテゴリ:同僚とのエッチ体験談

カテゴリ:

職場の管理職女性の処女卒業を手伝って・・・ 32歳の時、勤め先の39歳の管理職女性の処女卒業を手伝って、うっかり当ててしまって出来婚したよ。 厳しい家で父親に婿取りを強制されてたので39までキスの経験も無し、父の喪が明けたので意を決して…という流れ。 39年間の...

カテゴリ:

【女性】入社当時からお世話になってた先輩社員と… 入社当時からお世話になってて、度々飲みに行ってた。 それでその日もいつも通り飲みに行ったんだけど、その帰り家に誘われて酔ってたのもあって「まぁいっか」と。 最初は普通に寝たけど、ふと起きたら相手の股間を擦...

カテゴリ:

結婚お祝いってことで同僚を酔わせて中出ししてセフレ化させた体験談 地方の役所に勤める30代ですが、五年ほど前の体験を元に書かせていただきます。 初投稿なので誤字脱字等はご容赦いただければ幸いです。 真由子は26歳、私の所属する部署に配属されて3年。 美人で...

カテゴリ:

先輩の元彼女が酔いつぶれたのでお持ち帰りした 先輩と俺♂3人&真沙子(そんときは別の支店の福田先輩と婚約中)とで飲みに言った時から話は始まる。 もともと、先輩靖太さんの元彼女でもあった真沙子は酒乱の気があって、飲みにいくと毎回酔いつぶれる。 ちなみに真沙子...

カテゴリ:

小柄で巨乳バツイチ子持の職場の派遣女と 職場の派遣のバカ女 小柄で巨乳 バツイチ子持 遠目には可愛いんだが間近でみると全てがアンバランスな顔 とにかく喋りから何からやることなすこと全てがムカつく女 そういつが来て初の飲み会の席で異常に絡んで来やがって、乳はスリ...

カテゴリ:

同僚2人と自宅で飲み直し、暗闇の中こっそりフェラしてもらった体験談 2 前)同僚2人と自宅で飲み直し、暗闇の中こっそりフェラしてもらった体験談 実際この時の3人の姿は間抜けだった。 俺は中途半端にジャージを下げてナニを出したままの状態で、しかもまだ発射し...

カテゴリ:

同僚2人と自宅で飲み直し、暗闇の中こっそりフェラしてもらった体験談 上手く伝わるか自信ないけど、俺の数少ない興奮体験談。 泥酔ではないし行為も大したこと無いんだけど、俺にとっては今でもおかずにしてる 刺激的な体験だったんで。 会社の後輩の男とその同期の女の子...

カテゴリ:

会社の後輩に「えっちしたいですか?」って言われて筆下ろしされた 会社の後輩に「えっちしたいですか?」 って言われて筆下ろしした 自分:23歳175cm63kg 何となく石川遼君に似てると言われる 相手:20歳160cmくらい50kg無いくらい?たぶん 3サイズはわかんね、胸はEらし...

カテゴリ:

目線の延長線上には白パンの中心を真っ二つに分割するパンストのストレートラインが…! チーム横断してあるプロジェクトに参加してるメンバーが社長室に集められて今後の進め方についての訓辞受けた。 そこはソファーしかない部屋で俺の前に座ったのがインストチーム人気№...

カテゴリ:

隣で寝てる同期を起こさない様に巨乳の同期と… 研修中の話。ホテルで男と女別れてそれぞれ2人部屋で寝泊まりする生活。異性の部屋には入室禁止のルールがあった。 その中で1人のハーフっぽい巨乳の同期がいて、ちょいちょいメールしてた。 ある晩「寂しくて寝れないよ~」...

カテゴリ:

新入社員合同研修で好きだった同僚が他の男とトイレでエロいことしてた… 新入社員の時の出来事です。 泊まり込みの合同研修で出会った子が好きでした。例えるならグラドルの西田麻衣のような顔と体。 誰に対しても明るくて元気な子でした。 (なので、仮で「まいちゃん」と...

カテゴリ:

職場の女友達・24歳・常盤貴子似の泥酔女との体験談 2 前)職場の女友達・24歳・常盤貴子似の泥酔女との体験談 おもむろに美和のおっぱいをブラの上から攻め始める。 ブラの上から揉む揉む、ねぶるねぶる。 美和は「うう~ん」たまに「んっ!」と呻く。 そろそろ...

カテゴリ:

職場の女友達・24歳・常盤貴子似の泥酔女との体験談 先週よく飲む職場の女友達(24)と飲みに行った。(仮名:美和) 結構飲むやつなのだが、まあいいペースで飲んでる。モツなべだったので焼酎の4合瓶を入れる。 「残したらもったいないです」と2人でカポカポ飲ん...

カテゴリ:

【女性】勤務中の社内でデリヘル嬢みたいなことしまくってる体験談 2 前)【女性】勤務中の社内でデリヘル嬢みたいなことしまくってる体験談 この会社に私の顧客は約50人いる。 実は社長もその中の一人。 社内でこんなアルバイトをしているのは勿論私一人。 他の女性社...

カテゴリ:

【女性】勤務中の社内でデリヘル嬢みたいなことしまくってる体験談 始業間もない午前9時半、私のデスクの電話に内線の電話が鳴った。 《はい、管理課、白井です。》 《おはよう、白井君… 今からお願いしたいんだけど、いいかなぁ…》 それは同じ会社の上司、総務課の新...

このページのトップヘ

見出し画像
×