カテゴリ

カテゴリ:痴漢エッチ体験談

カテゴリ:

【女性】登校中に痴漢された人に改札出たら声をかけられてレイプされた体験談 私は先ほど、レイプのようなものをされました。 いつものように電車に乗っていると人は普通くらいで多少安心しました。 約一時間半電車に乗って電車から降りて改札口を通ったところでいきなり後...

カテゴリ:

【女性】複数犯の痴漢に襲われ車に連れられ乱交で処女喪失した体験談 21歳の大学3年生です。 大学1年の夏、忘れられない事件に遭遇しました。 大学のサークル帰りの金曜日、痴漢に遭遇したのです。 終電だったので、途中で降りるわけにもいかず、また生来気の弱い性格の私...

カテゴリ:

【女性】痴漢されて感じてしまい近くの公園で野外セックスまでしちゃった体験談 先日、朝の通勤の時に痴漢をされてしまいました。 今までもおしりを触られたり、胸を少しもまれたりなんて事は 時々あったのでその時も「また痴漢か~」程度に思って余り抵抗はしていなかった...

カテゴリ:

満員電車に感謝して、ぴったりくっついたJCの体にいたずらした妄想体験 2ヶ月前に夕方のラッシュ時に幸運が降ってきた 18歳の普段の俺は、もちろん性欲全開なので毎朝可愛い女子高生の後ろに陣取ってティンコを押し付けたり、軽くボディタッチなどを試みてる程度だった。...

カテゴリ:

通勤電車で組織的な痴漢計画を実行した体験談 香織が勤務するZ電機の本社は、香織の住む街からは電車で四十分ちょっとの距離にあった。 駅まで歩く時間を入れると約五十分ほどの通勤時間になる。 香織は軽めの朝食を終えると、明るめの赤いスーツに身を包み、髪を後で纏め...

カテゴリ:

痴漢されてた爆乳の人妻を助けたら御礼に抱かせてもらった体験談 先日の話です。 私は、電車通勤なのですが、前から良く顔をあわせる、胸の大きい綺麗な女性がいるんです。 見た目は私よりちょっと上に見えるので人妻だと思うんですが、ある日、その女性の近くに、つり革を...

カテゴリ:

埼京線の満員電車の中、彼女が目の前で痴漢されているのを助けられなかった体験談 20歳の時の痴漢話です。 東京に暮らしてる時期があり、休みの日に彼女と遊びに行った帰りなのですが。 埼○線に乗って新宿まで戻る最中に事件が起こる。 夕方近くに乗った電車はなかなか...

カテゴリ:

女子大に通う女子高生の巨乳を毎日揉みまくり 1ヶ月ほど前、通学のために駅で電車を待っていると、俺の斜め前にかなりかわいい女子高生が並んでいた。その娘に興味を持った俺は彼女を観察し始めた。 制服はブレザーで中にカーディガンを着ていた。 おっぱいに目をやると...

カテゴリ:

【女性】誰もいない車両でうたた寝してたら知らない人に痴漢されてた体験談 はじめて書き込みします。 私は九州の田舎に住んでいる高校一年です。 この前あった信じられない出来事を告白させてください。 私の住んでいる所はとても田舎で、二両編成の鈍行列車が一時間に一本...

カテゴリ:

毎朝痴漢してる彼女が腕を組んで私の彼氏と言ってくれた話 急行で一駅10分も無いくらい。 毎朝だったなぁ 乗り込みで後キープしてスカート揚げようとするといつもちょっとだけ抵抗する振り でもされてる最中は脚少し開いてハンドタオルで口押さえてた 生は嫌がるので大...

カテゴリ:

夜行バスで隣の席だった人妻を痴漢してみた話 このあいだ、東京までの夜行バスに乗りました。 いつもは使わないのですが、どうしてもお金がなかったので。 案の定狭いシートに詰め込まれて、バスの前方が男性とカップル。後部が女性のみに分けられたのですが、僕はギリギリ...

カテゴリ:

年上の女性に電車内で手コキ射精させられた高校時代の体験談 痴漢をしたことがある人、されたことがある人はいっぱいいると思います。 僕は痴漢をされたことがあります。 痴漢したことがある人に聞きたいのですが、何が楽しいのでしょうか? 人の身体を許可無く触ることに...

カテゴリ:

痴漢のテクに興味が湧いてなすがママにされてみたら… 痴漢のテクに興味が湧いて、 いつもなら抵抗して振り切るところをそのまま進ませてあげたことがある。 当然向こうは調子にのってスカート内に手を突っ込み、股部を撫で、さらに下着をずらし、局部を直に触ってきた。 ...

カテゴリ:

高校の頃に受けた痴女からの陵辱的な逆痴漢体験談 僕が高校2年生の夏に受けた屈辱的な体験を書きます。 僕は彼女である裕子ちゃんと一緒に電車で通学していました。 裕子ちゃんとは同じ中学校に通っていましたが、クラスも別で気にはなっていたけど話す機会もなくて中学校3...

カテゴリ:

通勤電車で組織的な痴漢計画を実行した体験談 3 前)通勤電車で組織的な痴漢計画を実行した体験談 2 眼鏡の手が香織の胸から離れた。替わって禿げ頭の手が香織のバストに伸びてくる。 香織は滅茶苦茶に揉み上げられる自分の胸元を見下ろしながら動揺した。 バストは痛...

このページのトップヘ

見出し画像
×