カテゴリ

カテゴリ:女友達とのエッチ体験談

カテゴリ:

大好きな女友達にいたずらして中出しした体験談 2 前)大好きな女友達にいたずらして中出しした体験談 私の片手は指の間に乳首を挟みながら揉みしだき、もう片方の手の指1本は膣をかきまわします。 そしてクリをもう一度吸い上げた瞬間、な・なんと「んっ、ああんっ!!...

カテゴリ:

大好きな女友達にいたずらして中出しした体験談 つい先日、長年友達のような付き合いを続けてた女にいたずらしてしまいました。 相手が私のことをどう想ってたのかはわかりませんが、先日遊びに出かけた帰りにそのまま私の家に来ました。 で、二人で飲んでるうちに彼女が寝...

カテゴリ:

同じゼミの男2女3で割りと早い時間から飲みに行った帰りに 大学の頃の思い出話 同じゼミの男2女3で割りと早い時間から飲みに行った その日のメンバーに沙耶香っていう、大塚愛似のかなり可愛い女友達がいた ちなみにその日の沙耶香の服装は、胸元というか首回りがかなり...

カテゴリ:

地元の盆踊りで同級生のA子と酔った勢いでくだらないエロ話からフェラしてもらうことに… この間の青年団が主催で地元の盆踊りが小学校であった。 友人数人が青年団に入っていることもあり毎年タダで酒が飲めるという理由で今年も遊びに行った。 今年はフェイスブックで同...

カテゴリ:

試しにってことで♀友を縄で縛ってやった 今つるんでる♀友、もちろんセックスもしちゃう仲。 中々いい女なんだけど、気が強くてキツイことも平気で言うし、ベンチャーとはいえ役員をやってるだけあって相当のしっかり者。 何で俺なんかとつるんでるんだっていつも疑問に思...

カテゴリ:

小中高と同じだった女友達に、高校進学後に体操服姿で誘惑され… 小中高と同じだった女友だちがいた その子は小学校からDカップあって俺は高学年からオカズにしてた ちょいブスだったけどそれが余計良かった しかしその時は特に仲がいいわけでもなく 何事もなく中学生に...

カテゴリ:

飲み屋で出会った子を家まで送って行ってそのまま送り狼に 25の時転勤で地方に3年ほど住むことになった 俺は酒が好きで職場の同僚に紹介してもらったおばちゃんが一人でやってる 居酒屋によく飲みに行ってた そこでミドリちゃんて子に出会った その時俺は彼女もいてよくその...

カテゴリ:

彼女の友達に車内で口でしてもらった時のエロイ体験 だいぶ前の話だが、俺の友達ってよりは、彼女の友達にしてもらったことがある。メンドイのでAと呼ぶ。 俺と彼女は同じ年で二十歳位の頃、Aは5つ位上で、当時の俺から見ると、茶髪で遊んでそうな感じだった。 俺の住んで...

カテゴリ:

女友達が生理だったけどエッチしてそのまま中出し 普段メールや電話はほとんどしないし、ごくたまにしか会わなんだけど、 会うとだいたいセックスしてる女友達がいる。 たまにしか会わないと新鮮ですごい燃えるんだよね。 俺も彼女相手以上に興奮して頑張るし、女友達も彼...

カテゴリ:

職場の女友達・24歳・常盤貴子似の泥酔女との体験談 2 前)職場の女友達・24歳・常盤貴子似の泥酔女との体験談 おもむろに美和のおっぱいをブラの上から攻め始める。 ブラの上から揉む揉む、ねぶるねぶる。 美和は「うう~ん」たまに「んっ!」と呻く。 そろそろ...

カテゴリ:

職場の女友達・24歳・常盤貴子似の泥酔女との体験談 先週よく飲む職場の女友達(24)と飲みに行った。(仮名:美和) 結構飲むやつなのだが、まあいいペースで飲んでる。モツなべだったので焼酎の4合瓶を入れる。 「残したらもったいないです」と2人でカポカポ飲ん...

カテゴリ:

元カノの妹とその友達との絶倫3Pで野獣のように体を求め合った話 横浜桜木町のBARカウンターで一人飲んでたら 突然後から抱きつかれ、両手で目隠しされて「だぁ~れだ!」 何となく聞き覚えのある声だけどサッパリ解からない。 「解かんないのぉ~」 「しょっくぅ~~...

カテゴリ:

酔った勢いで家飲み仲間にフェ◯チオしてもらった 家飲み仲間(男女複数)がいたんだけどいつも今回は○○の家でなと決めて 訪問者達が酒を持ち寄り集合してた。 その日は男子一番人気のR子の家が集合場所。 時間にだけは正確な俺が一番乗りしていつもと同じように始めだし...

カテゴリ:

姉とその友達2人と勢いでセックスして童貞を奪われた話 今から6年前の、俺が高1の時の夏休み。 当時所属していた水泳部の練習を終えて帰宅すると、 「おっ!翔太(俺)!真っ黒に焼けて、部活、頑張ってるな~!背もかなり伸びたんじゃない?」 と、高校を卒業すぐに東京で1...

カテゴリ:

ゲーセンで知り合った女友達がうちに泊まりに来た話 2 前)ゲーセンで知り合った女友達がうちに泊まりに来た話 またしばらくそのままでいたのだが だんだんナオミの手の動きが大きくなってきている いつの間にか左手を俺のシャツの中にいれ、手のひらでゆったりと 俺のわ...

このページのトップヘ

見出し画像
×