カテゴリ:
遠距離で付き合ってた元カノ

たまにしか会えないから、会う度発情期のケモノ並に求め合いやりまくり。

いっぱつめを終えて、大の字に仰向けになってたら、彼女は俺の膝の間辺りにこっちを向いてぺたんと座り、おもむろに俺の太ももの内側、金玉袋の両側から両手の人差し指を金玉の下にさしこんだ。
 
そして金玉に血管とか繋がってる辺り、ぶつけると一番痛い所をそっと撫ではじめた。
 
その時点でなんとも言えない妙な感覚。

そして次の瞬間彼女は人差し指の腹にその敏感な所を乗せて俺の金玉を「ふっ」と持ち上げた。
 
その時、全身を持ち上げられた様な奇妙な感覚とともにぞくぞくする快感を感じた。

それを数回繰り返されたら頭の中真っ白。

射精したばかりなのにあっという間に勃起。

すかさず彼女の愛撫はペニスに移行し、ギンギンになった事を確かめた彼女は俺の上に跨り導き入れた。
 
何も考えられないまま彼女の中で果てた。

あの時の全身が浮遊する様な快感は忘れられない。

元カノとの忘れられないSEXを語る
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/kageki/1224874626/