カテゴリ:

しかし、やや強引に手を差し込んで、下着の上から指で愛撫し始めると、
太ももの力はゆるんでいく。
下着の上からも徐々に湿ってくるのが分かった。

「はぁ、、、んっ、、、はぁ、はぁ」
橋本の息もだんだんと荒くなってくる。
今度は濡れた下着の横からを指を入れ、割れ目に指先が触れた。

「あっ。。!、、、んんっ、、、」
その声を聞きながら指を少しずつ中に入れていく・・・
指に絡みつく橋本の愛液が出し入れする度にさらに溢れてくる。


 

しばらくは、指を出し入れして、橋本が感じている様子を見ていた。
橋本は恥ずかしいのか、荒い息を堪えつつ、ずっと顔を伏せていた。

やがて、俺は、橋本をソファーに座らせたまま、
橋本の正面に移動し、床に膝をつく格好になった。
そして、手マンされぐったりした状態の橋本から
ショートパンツと下着に両方に手をかけ、そのまま一気に降ろした。

「ぇっ・・・ちょ、、、待っ。。」
不意を突かれた橋本は膝まで降ろされたショートパンツと下着を抑え、
少し抵抗したが、俺は勢いのまま完全に脱がせた。


橋本は体育座りのように足を閉じ、恥ずかしいのか顔を手で覆った。
俺は橋本の膝に手を当てると力は全く入っておらず簡単に足を開かせられた。
腰を引き寄せて、まず左の太ももに顔をうずめ舐め始める。

俺がそうしている間も、橋本は
「先輩、ゃっ、、、やめてくださ、、、ぃ。。。」
と言ったり、俺の頭を少し押す戻すようにして拒んだりした。

しかし、俺の舌があそこに到達すると、体をビクンッと少し仰け反らせ、
「あ、ああっ!、、、ゃっ、ぁぁ、、んん、、」
と拒否するのはやめて、感じ始めた。


愛液があふれ出てくる橋本のあそこは、とても綺麗だった。
薄く充血したあそこはグッショリと濡れていて、たまにヒクヒクッと動く。
陰毛は極めて薄く、申し訳程度にうっすらと生えていた。
俺は夢中になって、指や舌で愛撫を続けた。

少し疲れた俺は橋本の右隣に座り直すと、橋本がうつむいたまま、
自ら右手を俺の硬くなったあそこの上に置いてきた。
この行動には少し驚いたが、もちろん俺は拒まず、
橋本がジーンズの上からゆっくりとさすってくれてる事に身を任せた。


そんな様子を見て、俺は
「橋本、俺のも口でしてくれない?」
と頼んでみると、橋本はちらっと視線を俺の顔に向けて、
「・・・はぃ、、、」
と頷きながら言った。
俺はすぐさま、ジーンズとパンツを脱ぎ、すでに硬くなったモノを露わにする。

「・・・ぉっきぃ。。」
と橋本はつぶやきながら、体を傾け、顔を俺の股間に近づけてきた。
橋本はまず、モノの尖端や裏などを唇の先で軽くキスし始めた。
そして次に、舌を突きだして、モノの周りをペロペロと舐めていく。
明らかに慣れていない様子だったが、その幼さに、俺の気持ちは大いに刺激された。


特に、橋本が裏側を舐めているときには、
俺から見ると、俺のモノ越しに橋本の顔が見える。
唾液に濡れて光り、また、勃起して血管の浮き出た俺のモノの向こう側に、
可愛い橋本の顔が見える。
しかも、ここはカラオケボックス。
いつ店員や他の客に見られてもおかしくない。
でもそんな状況に俺はとても興奮していた。

しばらくペロペロとした後、橋本は俺の亀頭を口に含み、ゆっくりと上下に動かし始めた。
橋本は、動きを速めるでもなく、ずっと同じ上下運動を続けた。
たぶん俺が「いいよ」と言うまでやめなかっただろう。
ショートカットではあるものの、下を向くと前髪の触覚部分が垂れ下がる為、
それを耳にかけながら一生懸命してくれたのが印象的だった。


数分間、橋本の幼いフェラを楽しんだ。
しかし、俺自身が遅漏の為か、射精することはできそうになかった。

俺は、「ありがとう、気持ちよかった」と言って、
橋本の体を起こし、そして、キスをした。
このときには、橋本はもう、自分から舌を絡めてきた。

橋本の唇を離し、俺は意を決して、
「橋本・・・これから俺んち、来ない?」と誘った。
橋本は目線を下げたまま、静かに「・・・はぃ」と頷いた。
その返事を聞くとお互い服を整え、俺たちはカラオケを出た。

(おわり)

女友達にフェラチオしてもらった体験談 7
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1324320868/