カテゴリ:
去年の5月の事。
大学1年生の後輩の女の子とカラオケでフェラしてもらった。

彼女のことは「橋本」と苗字で呼んでいた。
橋本は、ちょっとおとなしい感じの女の子だった。
いつも自信なさそうな表情をしていた。
背はそこそこ(160ちょっとくらい?)、色白で、スレンダーなスタイル。
少し茶色のショートカットの髪型が似合っていてモデルっぽいっ子だなって最初は思った。




俺は大学2年で、橋本は入ったばかりの1年生。
出会いは橋本の入学時のオリエンテーションがあり、
その中で橋本がいるグループの指導生を俺がやっていたことがはじまり。
担当したグループはみんな良い子ばかりですぐに仲良くなり、
その中に俺も交えてもらって、みんなで遊んだりメシに行ったりした。

はじめは普通の先輩後輩だった。
しかし同郷という事がわかったり、何度目かのメシの時に
好きな音楽(スピッツ・くるり、など)が同じという話で盛り上がったりで、
そのうち一緒にカラオケ行こう、という話をしたのがきっかけだった。


ある日、学食で橋本が1人でいるのを見かけたので話しかけ、一緒に昼食を食べた。
そして、その日の夕方、授業が終わったら2人でカラオケに行く約束をした。

カラオケの前に2人で軽くメシに行ったが、
その時から、俺の頭の中は正直、期待でいっぱいになっていた。

カラオケでは、お互いの好きなスピッツやくるりの曲を中心に歌った。
それはそれで楽しい時間だった。
しかし、曲が途切れたある瞬間、雰囲気が少し変わった。


すでに期待でいっぱいだった俺は、すぐに覚悟を決め、右手を橋本の肩に回した。
すると、橋本は、俺の肩に寄りかかってきた。
橋本の髪の香りが俺の鼻をなでる。

しばらく沈黙のまま、肩を寄せ合いながら二人だけの世界に浸っていた。
俺が軽く覗き込むと橋本も顔を上げた。
その目は完全に“女”になっていて顔も少し火照っていた。
そんな橋本の顔にやられた俺は、そのまま唇を重ねた。
橋本は少し驚いたようでキスをした瞬間、体がビクッと反応した。


そのままキスを続け、徐々に深いキス移行していった。
お互いの舌を絡めながら、俺は橋本のシャツの裾から手を入れ、
小ぶりな胸(Bくらい?)をブラの上から揉み始めた。

橋本は、 キスしてる口の間から
「んっ、、、ぃゃっ、、」
と小さい声で漏らしたが、本当には拒んでいない。
それを確かめると、俺はブラをずらして胸や乳首を直接触り始めた。


「はぁっ、ぃゃ、、、んぅ」
拒否の言葉が、か細い喘ぎ声に変わっていく。
俺はその声に興奮し、シャツとブラをめくり上げた。
白くてスレンダーな体に加え、キレイな胸があらわれた。
とてもやわらく、ツンと張った乳首はキレイな薄いピンク色だった。

「せんぱい、、、明るくて、、はずかしぃです。。」
橋本がそう言うのを聞きながら、俺は橋本の胸を唇と舌で愛撫し始めた。
空いた手をショートパンツの上から中に入れようとすると、
橋本は太ももをかたく閉じて、再び
「ぃゃ、、せんぱ、、、ぃ、、、ゃっ、、」
と、拒否の言葉を口にした。

(次)大学1年生の後輩の女の子とカラオケボックスで 2


女友達にフェラチオしてもらった体験談 7
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1324320868/