カテゴリ:
塾の女教師に、高校卒業した直後に告白された 1

見習い先生
24才
155くらい、小柄、細身
Cカップ
ショートカット
経験人数は、3、4人らしい

おれ(参考)
18才
178cm 70kg


相手は通ってた進学塾の女講師
つっても、授業を教えてもらってたわけじゃない
彼女はおれが高校三年のときに入ってきた新人
自分の講義は持たず、他の講師の講義をずっと聞いてるような見習いだった

 
見習い先生が授業を聞くときの定位置は教室の最後尾

おれは別に引っ込み思案ってわけじゃないが、
なんとなく塾のやつらとつるむのは苦手で、
見習い先生がくる前から講義の時はいつも最後列に一人で座ってた

仲良くなったのそのおかげだった


仲良くはなったけど、受験までは大した話もしなかったし、
正直な話、見習い先生とどうこうなるなんて考えてもなかった

小柄で、そこそこ可愛くかったんだけど、
浮き世離れしてるというか、ちょっとヘンな人だったってのもある

で、話は志望大学に合格したところまで飛ぶ


合格報告をしに、塾へ行った
県外の大学に合格し、春から一人暮らしすることが決まってたから、冗談で
「見習い先生に会えなくなるなんて寂しいですよーwwwww」
なんておどけたんだ

そしたら、ケータイを取り出して
「連絡先交換しよっか」
だって
「辛いことがあったら、連絡してきなさい」
とか、おー優しいなーと、
見習い先生だけに、初めての年に仲良くなった生徒くらいは
大事にしたいと思ってるのかなーとか、その時は思ってた

後で聞いた話だけど、見習い先生、この時既に、完全に下心ありだったらしい



連絡先は交換したものの、大人にメールするなんて気軽には出来なくて、しばらくそのことは忘れてた

で、話はまた少し飛ぶ
一人暮らしを始めてすぐ、まだ春休みで大学にも通ってないくらいかな
見習い先生の方から連絡が来たんだ

「まだ地元にいる?もう引っ越しちゃった?」


何の気もなく、
「もう引っ越しましたよ。
一人暮らしもなかなか楽しいです」
くらいの返信をしたと思う。

そしたら見習い先生
「そっか…ならもういいよね」
だって

「ずっと君のことが好きでした
この間まで高校生で、しかも生徒だった君のことが好きだなんて、自分でも変だと思います
でも、ずっと一人の男として見てました
お願いします、付き合ってください」

びっくりした


最初はほんとに冗談だと思った
「うそ!からかってるんでしょ(笑)」
って返信したけど、マジだった
冗談で言えることじゃないって

忽ち、おれの頭の中は大変なことになった
それまで意識したこともなかったが、そこは18歳のヤリたい盛り
恥ずかしながら、大人の女性と付き合う=即ヤリのイメージで、頭の中はいっぱいになった

もちろん、オッケーした
翌々日くらいには、家族にも内緒で、地元に帰った
見習い先生と会うために


見習い先生の仕事が終わる時間に、駅前…から少し離れたところで待ち合わせて、先生の車に乗り込んだ
何を話したかなんて覚えてないくらい、「大人の女性とこれからセックス」のフレーズで頭の中はいっぱいだった

まずは食事
たっかい焼き肉屋でおごってもらった
先生は俺のことずっとニコニコ見てた
ちょっと妖しい笑顔だった気もする

今思うと、先生の頭の中も、セックスでいっぱいだったんじゃないかな

何故なら、ホテルを予約済みだったから

(次)塾の女教師に、高校卒業した直後に告白された 2
学生のとき女教師とやったことある人
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1334477909/