カテゴリ:
バスで隣の席の超美人なお姉さんが寝ていたのでいたずらした体験談

俺は通勤でバスを使っている。
そのバスというのが利用者が非常に多く、いつも満席状態。
俺は終点まで乗るため、約40分の長い道のり。
ある日の帰り道、俺は何とか1番後の端の席を確保した。
すると、俺の隣にメチャクチャ綺麗な24・5歳位のお姉さんが座った。

俺は「ラッキー!!」と思いながら、お姉さんから漂う良い香りを堪能していた。
バスが発車して5分位経った頃、お姉さんが眠りに付いた。
そして、これまたラッキーな事に俺の肩に寄りかかってきたのだ。
俺はお姉さんの頭の匂いを嗅ぎながら幸せを感じていた。



バスは20分位走ると、ある集合住宅のバス停に到着する。
バスに乗っていたお客さんは毎回このバス停で約8〜9割は降りていく。
その日もいつもと同じようにほとんどの人が降りていく。
そしてバスの中には俺と隣のお姉さん、座席の1番前に座るお婆さんが一人の計3人になった。
これはかなりラッキーな展開だった。

俺は早速チンポをチャックから引き出し、お姉さんの匂いを嗅いだり、髪の毛を舐めたりしながらチンポをしごいた。
お姉さんは軽くイビキをかいており、起きる気配は無かった。
俺は調子に乗り、ゆっくりお姉さんの手を取り、チンポを握らせた。
そして、ゆっくり前後させた。
心臓はバクバク。
興奮は絶頂。一気に射精感が込み上げてきた。
どこに出そうか迷ったが、さすがにばれるのが怖かったので、自分の手に放出し、それをお姉さんの髪の毛の後頭部部分に擦り付けた。
そして何も無かったかの様にチンポをゆっくりしまい、お姉さんの手を戻し、寝たふりをきめ込んだ。
それから約5分後、終点に到着。
お姉さんはまだ起きない。
お姉さんが起きないと、俺も降りられないので、
「すいません。終点着きましたよ。」と声を掛けた。
すると、「あっ!すいません!」と飛び起き、バスを降りて行った。
お姉さんは俺の家とは逆方向に進んで行ったが、気になったため気付かれない様に着いて行くと、途中で後頭部の異変に気付いた様子。

後頭部を触り、手に付いたザーメンを見て、匂いを嗅いで確認していた。
離れた場所から見ていたが、「えっ!何〜!いや〜!」という声がかすかに聞こえた。
しかし、お姉さんは真上を見上げて、空をジロジロ見ていた為、きっと鳥のフンか何かと勘違いしていた様だった。
俺はそれを確認すると自宅へと帰って行った。
それ以来、あのお姉さんに出会った事は無い。