カテゴリ:
サークルの女友達がゲームに夢中の時におしりを撫でるプレイで…

サークル活動で割り当てられたある一室で、俺は所属したサークルの同期の女(みゆり・18歳)と一緒にいた。
人の少ないサークルなので、カーペットがしかれ、足の低いテーブルが置かれた手狭な部屋に今いるのは俺とそいつの二人だけだった。

秋の空気は部室も涼しい。
みゆりは長い黒い髪をうなじ辺りで一つにまとめ、顔立ちはぱっちりした目と薄い唇がバランスよい配置をし、メガネをかけた姿は可愛らしい。
小柄で細身な彼女は、いつもジーンズをはくことが多い彼女のおしりはほどよくしまっていて、いつもそのおしりを眼が追っていた。

彼女が暇ーと言いながらゲームをするために、ラックにおかれたパソコンの前の椅子に座った時、俺は誘惑から逃げることができなくなった。

「何するんだ?」

俺は気になってその横に寄った。うーんといいながら、あるシューティングゲームをクリックしたみゆり。

「これするよー」

屈託のない顔で笑ってから、じっとパソコン画面に集中し出した。



横と言うよりは、一歩下がった右後ろにいた俺は、彼女がゲームに集中し出してから、心臓が早鐘のようになっていた。
すでに左手が彼女が座っているイスのジーンズに包まれたおしりの傍に置いていたからだった。
ゲームのことよりも、手が形のいいおしりへと伸ばす方へ意識が向いていた。

会話が途切れる。
ゆっくりとジーンズとおしりの感触を指一本だけ触れた。
反応は無い。二本に増やす。緊張のあまり指は動かせない。
じっと待つが、彼女はずっとゲームをし続けている。

二本の指を離して、手の平全体で俺はジーンズを通したおしりの温かさを感じた。
ぶっちゃけバレバレのはずなのに、みゆりは全く反応しようともしない。

自分がフル勃起しているのが分かる。
でも、手は置いてからしばらくして、動かすまいと思っていた心が我慢できなくなっていった。
何の反応もしないんだ……という気持ちから、ゆっくりと手の平全体でおしりを擦る様に動かす。

彼女は初めて少しだけ肩を動かしたが、ゲームをし続けて、結局何も言ってこないし、こっちを見てこない。
その日はそれだけで終わった。

そして、次の日、あんなことが在ったにも関わらず、気付いてるはずなのに、彼女はまたパソコンでゲームをするためにイスに座った。

また誰もいない。
俺は傍によって、全く同じ位置取りをして、ゲームが始まってからおしりに手を当てた。
ジーンズの感触を手の平全体で包みながら、指先に少しだけ力を入れて揉む。
おしりの弾力が指先に返ってくる。
みゆりからはなんの反応もなかった。

調子に乗ってみゆりがゲームを終わるまでかれこれ1時間以上ずっとおしりの感触を楽しませてもらった。
ゲームが終わってからまたテーブルで向かい合ってしゃべる時、彼女の視線は僅かにそらされ、頬は赤みがかっていた。多分。尻の感触思い出すので忙しかった。

そんな、二人きりでみゆりがゲームをしだしたらみゆりのしりを触る関係がずっと続いていた。
冬が訪れると部室には炬燵がだされたが、そこで彼女は意味不明なことをした。
二人きりになった時に。

「今日マジで眠いから、バイトまでちょっと寝るね〜。時間になったら起こしてよー」

あくびをしてから、上半身と足に炬燵の布団をかぶり、お尻だけが出ている状態でみゆりは寝だしたのだ。

マジ意味不明。
でも、俺としては絶好のチャンスだった。
わざとやってるんじゃないかと思った。

しばらくしてから、ゆっくりと炬燵布団から出たジーンズに包まれたおしりに手を伸ばした。
イスに座っていると、いざ手を突っ込むわけにもいかないので触れないおしりの部分にまで手を這わすことができる。

おしりの穴付近をやわやわと刺激しても、彼女は何の反応も返してこない。
本気で寝ているらしい……?

それならと俺は、L字に曲がった足のおかげで指を入れられるマ○コへジーンズの上から指をはわせた。
ジーンズの感触からではマン○を刺激できているのかわからなかった。

さすがに炬燵の中に手を突っ込むわけにもいかない。
俺はみゆりの香水の香りを嗅ぎながら、右手でおしりと揉み、左手でマン○を強くしないように刺激し続けた。

パンツの中は何度、緊張と高揚感で射精したかわからないほど、我慢汁と精液で汚れていた。
彼女が目が覚めたのは、俺が十分に堪能し終わって10分も経たないうちだった。
起きだして、ケータイを見てからバイトさぼると言って、俺としゃべり続けた。

みゆりがコタツで寝るのはそれ以降何度かあり、またゲームをしてその際に触る機会もそれ以降続いた。

こんなみゆりとの関係が終わったのは、俺がみゆりに気になる女性が出来た(もちろんみゆりではない)と言ったら、「そんなの女に相談するんじゃない!」と言われ、頬をぶっ叩かれてからだった。

それ以降、彼女は俺におしりを触らせることもなくなってしまった。

みゆりのおしりはとても素晴らしいが、胸がなかったのがみゆりに惚れなかった原因だろう。
みゆりの胸は一度だけさわれたが、体に張り付くTシャツで見た時そこそこふくらみがあると思っていたのはPADだった……。
Aカップで、現実世界の貧乳には興味が無かった俺はとても残念な気持ちになったせいだったと思う。

おっぱいってトキメキには大事なもんだと知った。