カテゴリ:
毎朝痴漢してる彼女が腕を組んで私の彼氏と言ってくれた話

急行で一駅10分も無いくらい。

毎朝だったなぁ

乗り込みで後キープしてスカート揚げようとするといつもちょっとだけ抵抗する振り

でもされてる最中は脚少し開いてハンドタオルで口押さえてた

生は嫌がるので大抵パンツの上からだったけどやり放題

で、降りる駅の直前にまたちょっとだけ抵抗してこっち睨んでスカート手で直す



でも毎日同じ時間に俺の前に並んでた

形だけの抵抗は彼女の周囲に対する言い訳みたいなもの
一度降りたときに引っ立てられたときは人生オワタと思ったけど

駅員室で離れて事情聞かれてた彼女の方が

「だから彼氏だって言ってるじゃん」って口論しながら振り払ってむりやりこっちに来て

「彼ならこいつの名前言ってみろ」とか問い詰められて半泣きになってたけど

それでも俺の腕掴んで無理矢理腕組んで連れ出してくれたわ。