カテゴリ:
ゲーセンで知り合った女友達がうちに泊まりに来た話

女友達が泊まりに来たときの話でもします
ナオミ(仮)は当時俺の1つ年下の24歳
池袋のゲーセンでビーマニ2DXで知り合った
若い鈴木蘭々って感じで背は低いけど細くてスタイル良し
自転車でゲーセンに来てる数人で土曜の夜に俺の家に集合
飲みながらしばらく馬鹿話したりPS2で2DXやったりするうち
一人また一人と帰っていき最後に残ったのはナオミだけ
どうするのかなー、泊まっていくのかなー、ヤれるかなーと
ぼんやりと考えてながら二人でゲームしながらビール
やがてナオミが言った
「帰るのめんどくさくなってきたー、寒いし今日泊まっていい?」
「布団余計に無いけどいい?」
「なんでもいいー」
俺はキターと思ったけど、なんか手を出すと後々面倒だとも思ってた



その時お互い彼氏も彼女もいなかったが
いつものゲーセンでナオミは一番可愛い部類だ
俺はといえば、やばいオタクには見えないものの
特別そこまでかっこいいわけでもない
そんなナオミに手を出したら、周りのオタクどもの
逆恨みの的にされるんじゃないだろうか

そうこうするうちナオミが俺のベッドに上がってごろごろし出した
俺はナオミの言うままにナオミの好きな曲をプレイしていた
ナオミはそれ見て「すごーいすごーい」とか言ってた

やっぱ手を出すとめんどくさいのと、ヘタレなのとで
俺は部屋の床に座布団とクッションを固めて自分の寝床を作った
するとナオミが「一緒に寝たらいいじゃーん」って言ったので
ナオミの横、いつも寝てるベッドにやや遠慮がちに入った

ナオミとゲームの話とか共通の友達の話とか全然関係ない話とかしてた
しばらくしたらナオミが、俺の右耳に顔を近づけて耳元で言った
「ね、○○さん、いい?」
「ん?なに?」
「触っていい?」
「え?」
「おちんちん」
ナオミがいきなりオチンチンなんて言ったからびっくりした
ベッドに入った時点で半勃ちだった俺のチンコは八分勃ちになった
「…今はだめ」
「えー、なんでー」
「硬くなってるから」
「あはははは、いいじゃーん」
そういうとナオミはジャージの上から俺のチンコをさすってきた
「あ、ホントだ、硬くなってる」
さっきまで子供っぽかったナオミの口調がぐっとエロくなった
耳元でささやくように言われたその言葉を最後に
ナオミも俺も無言で触り触られていた

しばらくジャージ越しにチンコを触られていたら、ナオミが更に
へその辺りから俺のジャージの中に指先だけ入れてきた
「直接触っていい?」
「触りたいの?」
「うん、○○さんのオチンチン触りたい」
「じゃあいいよ」
男を喜ばせる言い方をよく心得てるなと思った
パンツの中に手がするすると入ってきた
ジャージ越しではわからなかったけど、少しひんやりする
手のひらがすごく柔らかくて、すべすべしている

ナオミの指が俺のチンコに届いた
勃起してるといってもパンツの中で下向きになっている俺のチンコ
付け根の方からナオミの指が亀頭に向かって降りていく
ナオミの指が俺のカリに触れたとき、俺は少しびくっとしてしまった
「痛かった?」
「いや、気持ちいいよ」
「よかった」
耳元でそう言うとナオミはチンコに指を回し、パンツの中で上に向けた
ナオミの左手が腰の辺りに回されたので
パンツを脱がせたいんだとわかり俺は軽く腰を上げた。
すぐに俺のパンツとジャージはひざ辺りまで下ろされた
するとナオミは俺のチンコから手を離し、しばらくごそごそしたかと思うと
上に着ていた服を一枚脱ぎTシャツになり、ブラをはずした
ナオミは俺の右腕に腕枕する形になり、またチンコを握った
たまに手を動かすのだが、手コキって感じではないのだが、なかなかいい
俺は左手でナオミのおっぱいをシャツの上から触った
「やわらけー」
「直接触る?」
「うん」
シャツの中に手を入れ、俺はナオミの肌触りのいいおっぱいを堪能した
もう面倒なこととかになってもなんでもいいや

次)ゲーセンで知り合った女友達がうちに泊まりに来た話 2