カテゴリ:
部長と先輩社員に飲まされて泥酔しホテルの部屋で手首を縛られ…

私が大学を卒業し、ある会社の人事部に配属されて二年目に入ってすぐの話です。
私は自分の一年後輩の新人導入研修のお手伝いの仕事をしました。
指導するというより、相談に乗ったり緊張をほぐしてあげたりするのが役目でした。

メンバーは私の他には男性社員が二人。
同期入社の小倉君と、入社4年目の渡辺先輩でした。
小倉君は普段から仕事の相談をしたり愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、渡辺先輩とはそれまで話をしたことは無かったと思います。

でも場の雰囲気を盛り上げるのが上手で、よく気がつく面倒見の良い人で新人さんにも人気がありました。
研修の最終日には、打ち上げ替わりの新入社員による余興などがあり、人事部長など偉い方もいらっしゃって賑やかに楽しく終了しました。



新入社員は研修センターに泊まりますが、私達はビジネスホテルに泊まっていました。
その研修の最終日、「佐々木(私)、小倉、お疲れ。俺たちも打ち上げしようぜ」と世話好きな渡辺先輩に誘われ、先輩の部屋で飲むことになりました。

ビジネスホテルですので狭いです。
ソファに私と小倉君、渡辺先輩はベッドに座っていました。
私はお酒はあまり強くない方ですので、普段はあまりいただきません。

だけどその日は研修が終わった開放感と、はつらつとした新人さんと過ごした楽しかった時間に心が弾み、つい飲みすぎてしまいました。

やばいと気づいたときには頭がくらくらして上半身を支えられなくなっていました。
私は「少し休ませてください」と言って、ソファの肘掛に頭を乗せて身体を横たえました。

「こっちの方が楽になれるよ」という渡辺先輩の声がなんだか遠くに聞こえました。
「佐々ちゃん大丈夫?」と心配する小倉君に支えられて、私はソファから立たされベッドの上に乗せられました。

頭がぐるんぐるんって回っていて、目を開けていると気持悪くなりそうだったので、「すみません飲みすぎたみたいです」と謝りながら目を閉じました。
そのまましばらく眠ったのかもしれません。

次に目を開けたとき、視界には私のパンツを下ろそうとしている渡辺先輩がいました。
とっさに「やだっ」と言って起き上がろうとしたのですが起きれません。
知らないうちに既に上半身は裸にされ、手首を後ろに回されて浴衣の紐で縛られていたのです。

それでなくても酔いで体のバランスが保てず起きれなかったと思います。
そうやってジタバタしている間にパンツは脱がされてしまいました。
私は全裸にされた恥ずかしさで「人事部長に言いますよ」って小さな声で講義するのが精一杯でした。

そのとき「俺ならここにいるよ」と聞き覚えのある声がしました。驚いて声のしたほうに顔を向けると
さっき私が座っていたソファに人事部長の姿がありました。
ああ、もうダメなんだと思いました。

なぜなら人事部長はセクハラ相談の責任者だったからです。
私は渡辺先輩にふらつく身体を起こされ、後ろから抱きかかえられるように先輩の足の間に座らされました。

私の前には部長と小倉君がいます。
二人は剥き出しにされた私の胸を見ていました。
渡辺先輩は二人に見せつけるように私の胸を揉んだり、乳首を摘んだりしました。

身をよじって先輩の手を逃れようともがくと、後ろで縛られた私の手に先輩の固くなった物があたります。
それはこれから起こることを想像させ、それが自分でも信じられなかったのですが先輩の愛撫に感じ始めるきっかけになりました。

渡辺先輩はしばらく胸をいじった後、「部長いいっすか」と言って後ろから自分の足を私の足に絡ませ、左右に大きく広げました。

イヤだけど足を閉じる力は酔った私にはありませんでした。
目の前にいる部長と小倉君の視線を感じて死にそうに恥ずかしいのに。

渡辺先輩は部長に私のあそこが良く見えるように、私を抱えたままお尻をずらし向きを変えたりしていました。

そして部長の正面に向かうと、先輩の指が私の足の間に下りてきました。
「部長、佐々木すげえ濡れてますw」って渡辺先輩の声が聞こえました。
お酒で高揚した気持ち、上司と同僚に裸をみられている羞恥、先輩の愛撫。

次)部長と先輩社員に飲まされて泥酔しホテルの部屋で手首を縛られ… 2