カテゴリ:
カミサンと2人で不妊症の治療に行った時のエロい話

オレ、カミサンと2人で不妊症の治療に行ったんだ。
最初にオレは精子チェックでよく話になる、個室オナニーだったが、あっさり射精し終了。
先生からオレの精子の数が少ないので追加検査の指示、その内容がエロかった。
オレは検査室で下半身剥き出しとなり待機していると、うら若きナースが入ってきて「失礼します」とオレのチンポを握り扱きだした。



オレは直ぐに勃起状態となり、オナホールと言う模擬マ●コにカメラがついたものを装着された。

ナースがスイッチを押すと、それは動き始めオレのチンチンに刺激を加えた。
そして、本日2回目の射精をナースに見守られながら終了。
その後、ナースがオレの萎れたチンポを丁寧にガーゼで拭いてくれたので、再勃起状態となったのは言うまでもない。
その後、先生から結果をカミサンと聞いた時に、さっきの映像を見せられ射精スビートも遅いので、とにかくセックス回数を増やせと言われた。