カテゴリ:
【女性】さみしくて男友達に抱かれてしまった浮気体験談 2

前)【女性】さみしくて男友達に抱かれてしまった浮気体験談

でも私、Fが下手なんです…
過去に何度となくしてきましたが、男の人をFでイかせられたのは一回だけ。
だから、する前に彼に言いました。「私、すごく下手なの…」と。
すると彼は「いいよ、焦らずにしてね」って。

それでもうどうにでもなれ!っていうか、
本当に今はこの人のことを思って頑張ろうって思いました。
でも、すぐ彼のおちんちんを触っちゃだめ、私もめいっぱいじらしたかったので、まず彼の全身をキスしながら、ときどき舌を使ってました。

段々、彼のパンツからニョキニョキとアレが出てきて、思わず「すごーい…」と声を漏らしたら、「口でして…」って、切ない声で言ってきました。
たまらなく彼がいとおしくなって、そっと、パンツを下げました。



そこにはすごくいきり立ってるアレが。先っぽの方を少し舌でつついたら、彼が切なそうな「あぁ…」という声を漏らしました。
その声がもっと聴きたくて、竿を握りながらタマタマの方を逆の手でさすり、舌をつつーとアヌスに移したときに彼の体がビクンとのけぞりました。

今度は彼のアレを口ですっぽり包んで吸い上げました。すると口の中で液体がちょっとずつ出てくると同時に、また切ない声を漏らしてました。
感じてるんだなぁ、ってすごく幸せな気持ちになったんですが、口でしてるとどうしても苦しくなっちゃって。
私はすごく口が小さいんです。

なので、「もう入れていい?」って自分からおねだりしちゃいました。
すると彼は、「来て」って…
今までは正常位で入れてもらってから色々な体位にしてもらってたので、彼に
「でも、この格好(対面座位?)だとちょっと痛くなるかもしれないから恐いの…」
と言ったんですが、彼は
「大丈夫だよ。痛くないようにしてあげるから、おいで」
と優しく抱き寄せてくれました。

もう何だって出来そうな気がしてきて、ゆっくり彼のアレの上に腰を持っていきました。
すると、数回先っぽを私のグジュグジュになった所に押しつけて、少しずつ私の腰を引き寄せて…

自分でも驚いたけれど、意外にスムーズ根元まで入ってしまったんです…
「あ…あぁぁ…!入っちゃった…」
すると彼はとても嬉しそうに、「入っちゃったね」って。

でも動くとやっぱり痛くなるので、まず正常位にしてもらいました。
ゆっくり、ゆっくり、突き上げるようにされたり、回転しながら押し込まれたりして、何度もいやらしい言葉を自分から言い始めてしまって…

しかも、クンニの時に私がクリ逝きしやすいのを見破られていたのか、彼は挿入しながら、私のクリを指でいじめて来ました。
今までそういうやり方で攻めてくる人としたことがなかったので、たまらず何度ものけぞって逝ってしまいました。

すると彼もたまらなくなったみたいで、どんどん突き上げるスピードを早めて、私がもっとゆっくりして、ってお願いしても聞き入れてくれませんでした。
それでも、私はすっごく満たされていて、最後は二人で抱きしめ合いながら、一緒にまた逝きました。