カテゴリ:
小6夏休み前に同級生に感化されて妹と

小6夏休み前に同級生らが「セックス」とか「チンコとマンコ合体」とか教室や下校時問わず連呼しだし、それに感化されて妹とセックスを試してみようと短絡的思考の元、妹のマンコにチンコを擦りつける行為に及んだことがきっかけで滅多にすることが無かった触りっこの頻度が爆発的に増えていった

中学校入ってすぐにオナニーと射精を覚えてからは、それこそ週1~2のペースになり処女膜が本当に膜だと思い込んでいたりしたもんであくまで挿入はなし

妹が痛がる事もあって、入れても先っちょ少しとか指は小指の第一関節までなど特に取り決めたわけではないが独自のルール、ラインを敷いていた

触りっこの頃は妹の思うように触らせていたが、扱き方を教え手コキしてもらったり舐める、咥える。咥えたまま舐める、咥えて舐めつつ扱くなど注文も多くなりこちらも舐める、舌を入れる…が発展して69



フェラに関してはあまりしてくれなくなっていったが、クンニ後や69となると逆に積極的な風で舐められるのは気持ちいいんだと思いこちらもフェラのお礼も兼ねて舐めまくったよ

特に69の時は妹にあれこれ注文しなくとも、舐める→咥える、咥えながら舐める

さらにそのまま亀頭を咥えた状態で扱いてくれるので非常に堪らなかった

ただ妹の口と手だけでは射精まで届かなかったので、満足して射精したくなったら正常位か後背位で素股して射精。

射精したらすぐ後片付けして終了が殆どのパターンになり妹はそれが不満らしく「出したら駄目」「30分とか一時間くらいしようよ」と何度か申し出られたがこちらも射精無し、我慢を試みるが結局最後は射精し約束を破ってしまっていた


そして俺が中3の夏休みに、絶対に駄目だと言われていた口内射精をしてしまいそれがきっかけで喧嘩

誘っても拒否される事も多くなり冬休みには完全NGで諦めた