カテゴリ:
バイトの後輩の女の子がノーブラのキャミで家から出てきた
バイトの後輩の女の子がいた。この子は19歳でFカップの素晴らしい巨乳の持ち主だ。

ある日の深夜にこの子の家に行く用事があり行ってみると、ノーブラのキャミソールにショーパンで迎えてきた。

部屋で喋っていても、ノーブラFカップが物凄い柔らかそうな揺れを見せ、浮き出ている乳首や谷間のせいでフルボッキだった。

 

用事も終わり帰ろうかと思い立ち上がった時その子がふらりとよってきて俺は壁とその子に挟まれてしまった。
とりあえずその子のお腹の上の方(生おっぱいの感触欲しさにギリギリおっぱいのライン)を押して離そうとしたら女の子がこちらに体重をかけてきたのでドサクサでFカップを下から持ち上げたら、甘い声。
いけると思い揉みまくったあとパイズリお願いしたら、やり方がわからないっていうんでパイズリ教えながら、おっぱいに出して、その後、処女をもらった。