カテゴリ:
従妹「そういうことは彼女じゃないとしちゃダメなんだよ」

小さな田舎町に住んでて、田舎じゃよくあるけど近所に親戚がいっぱいいる
隣にも叔父さんの家があって、一人娘が受験の年のこと
田舎だから近くに塾とかなくて、叔父さんたちに頼まれて俺が勉強をみてやってた
もし県立に落ちたら、バスで30分先にある町の私立に行かなきゃならないから親も娘も必死に思えた
隣に住んでるとは言え、従兄妹と俺は年が10歳違って、しかも異性だし今まで二人で話すことなんかなかった
でも勉強を教えてるうちに仲良くなって、勉強以外の話しも友達のような感じでするようになった
ある日、いつものように俺の部屋で勉強してたら、「眠い」って言い出して勝手に俺のベッドで横になった
いつもはスウェットとかジーパンで来るのに、その日にかぎって短いスカートで、本気で寝てしまったらしく、
スカートが捲くれてパンツが見える状態



従兄妹はたぶん可愛いと言われる容姿だと思うけど、バスケ部にいたこともあって髪はショートで貧乳
あまり女っぽさを感じたことはなかったけど、さすがにそのときは寝姿にドキドキした
上は襟元が大きく開いたTシャツで、貧乳とは言ってもブラとかまだ小さい膨らみがチラっと見えると、こっちもムラムラしてしまう
魔がさしたというか、手を伸ばしてTシャツの上から胸を触ってしまったけど、それでもまだ寝てる
捲くれたスカートから見えてる腿に触りたくなって、手を内腿に伸ばしたとき、足を閉じられて手を挟まれてしまった
そのときは全身の血が逆流するくらい驚いた
従兄妹はパッチリと目を開いて俺を見て「K兄ちゃんのエッチ」と言ったけど、顔は笑っていて、俺は腿に手を挟まれたままどうしていいか分からなかった

「そういうことは彼女じゃないとしちゃダメなんだよ」と言ったので、「じゃ、Mちゃんが俺の彼女になればいい。イヤか?」と、今思えばどうかしてたとしか思えないことを言ってしまった
たしか従兄妹は、「私でいいの?」みたいことを言ったと思う
とにかく従兄妹の機嫌を悪くさせると触ったことを親に言われそうで、「可愛いよ」とか「付き合いたい」とか言ってしまった
従兄妹の反応も悪くなかったのでキスしたら、手を挟んでた腿の力が緩んだので、その気になってパンツの上から触ろうと手を伸ばしたら手を押さえつけられて、結局その日はそこまでだった

(次)従妹「そういうことは彼女じゃないとしちゃダメなんだよ」 2