カテゴリ:
女友達に「これ着てるのみたい?」と言われ成り行きでコスプレえっち

ある日コンビニの前で女友人とカラオケへ行く為待ち合わせをしていた所友人から『30分遅れますごめんなさい』とメールが入った。
その友人は32歳で中学の同級生。
まだ独身でOLをしている。
頻繁に会って遊ぶのだが身体の関係はなく、本当に仲の良い異性の友達と言う感じ。

何で時間を潰すかと考えていると、通りを挟んだ向い側にゲームセンターがあった。
ちょうどいい暇つぶしだと思い中に入ってみると景品がとれるキャッチャー系のやつがたくさんあったからやってみる事にした。
そしたら取れる取れる!自分にそんな才能があったのかと思わず嬉しくなって、がんがんお金を使ってしまった。
欲しくない物が大半だったが、取れるものだからどんどん取っていった。



そんなこんなしているうちに30分が経ち『今コンビニの前にいるよ』と女友人からメールが入る。
急いで向かうと『ごめんごめん』と謝っていた。
別に怒ってないし、ゲーセンで楽しかったからいいよと伝えると、私が持っている景品の数々に興味を引かれたようで、『それ何?』と聞いてくる。
カラオケ行ったら見せてやるからと言い、2人は足早に店へと向かったのだ。

部屋に入って俺が歌い始めると彼女はさっきの景品を見始め、『これ可愛いちょうだい』なんて言っている。
俺は別に欲しくないキティーとかお菓子ばっかりだったから『全部やるよ』と言い、袋ごと彼女に渡した。
その中を熱心に見ている彼女。
全然歌わないから呆れつつも、歌う時間が増えてよかったと思う俺だった。

数曲歌った時に彼女がいきなり大きな声を出した。
『これ何?ちょっとやらしくない?』手に持っていたのはナースとセーラー服のコスプレ衣装だったのだ。
別に欲しくて取ったわけじゃなくて取れるから取ったんだと説明すると暫く考えた後『これ着てるのみたい?』とか言い出した。
何考えているんだ?と思ったけども見たかったから素直に『うん』と言ったら『でもここじゃ着替えられないよね』と言うものだからチャンスを逃したら駄目だと思い『ホテル行こう』と言った。
彼女は急に動きを止めたが、数十秒後また『うん』と言った。

その後少し時間が余っていたがカラオケを中止しホテルに向かった。
来た時の雰囲気とは明らかに違う何かが漂っていたが、2人は薄暗くなった夜の町を歩いて行った。
長い付き合いだが2人でホテルに行った事等無い。
キスさえもしたことがないのだ。
それが急にこのような展開になってしまい、2人が2人ともなんか変だなぁと思いつつも嫌いでは無い相手だからOKしてしまったのだろう。

部屋に入るとセックスする訳じゃないからお風呂にも入らず、キスするわけでもなく、2人してソファーに座った。
妙に自然な感じで、いやらしい空気もなかったし、これはコスプレ衣装見ただけで下手したらH無しだなとも思った。
『じゃあちょっと着替えてみる』と言うから、俺はテレビを見ながらまっていた。

ナースの服に着替え終わった彼女が登場した時俺は驚いた。
凄く可愛くて、しかもいやらしいのだ。
スカートが膝上かなりの短さでパンツが見えそうだった。
見えそうで見えないと言う状況がどれだけ男を奮い立たせるか彼女はわかっていたのかわかっていなかったのか・・・
俺はもうその段階で獣に変わっていたと思う。
いきなり彼女に言った『それ見たら我慢できるわけ無いしてもいいか?』と。
ちょっと驚いたそぶりを見せいたが『これ着た時点でやばいと思ったでもいいよ嫌いじゃないし』
なんか物凄く急な展開で、俺でも戸惑ったが、そこから俺達は男と女の関係になったのだ。

ナース服のまま彼女を抱き寄せキスをすると、服が少しせりあがり、見えそうで見えなかった布が見えた。
ピンクのナース服に淡い水色のパンツ。
胸を触りあそこに下着の上から触れるともう濡れ濡れ状態。
俺が何か言おうとすると『恥ずかしい・・・』と彼女が言った。
少しあそこを攻めた後風呂に入ることにした。
ナース服を脱がせるのも楽しくて、色々な部分を触ったりしながら少しずつ剥いで行ったのだ。

彼女の裸と言う物を初めて見た訳だが、胸はあまり無いもののウエストはキュッと締まっていて、お尻が大きいと言うのが色っぽくていい感じだった。
そしてもっといいのが首筋から肩の線。
思わず『綺麗だな』と言うと、嬉しそうにしていた、こんな展開になっていいのかこの時点でも思ってはいたが、一度たってしまったチンは出さないと元に戻らない。
最後までじっくりと楽しむ事にした。
32歳の身体は熟れていて見ているだけで興奮する。

あそこは妙に綺麗な色で濡れ易いのかヌルヌル状態だった。
互いのからだを洗っているうちにどうにもならなくなって、彼女は俺の物を口でしようとし、俺は彼女のあそこにむしゃぶりつきたくなり、結局69の体制で長い事舐め、触れ合っていた。
彼女のフェラは絶品でどこで鍛えたかしらないが、俺を1度天国に連れて行ってくれた。
絡みつくようで俺が達しそうになると引く。
俺は俺で綺麗なあそこを微妙な刺激で攻めた。
微妙な刺激を長く続け、たまに激しくすると、その激しくした所で彼女がいき、何と小便を漏らしてしまった。
俺の首の辺りにそれがかかってその温かさにまた興奮した俺である。

1度ずついった後は生で挿入してしまった。
『いい?』と聞くと『うん』と言うから危険をかえりみずに。
でもやっぱり生はいい!絡みつくし熱いし本当に気持ちよかった。
バックから攻めている時彼女のあえぐ声が凄くて驚いたが、彼女を2回いかせることもできたし、俺は俺で放出する時気を失うと思った位最高だった。

流石に中では出さず、最後は彼女の尻に出したのだが、出したものがアナルの上を伝って流れているのを見てまた興奮してしまったのだ。
お湯でそれを洗ってゴワゴワになってしまったのを邪魔に思いつつ、今度は身体を拭きベッドで1つになった2人である。
結局俺達はそのまま付き合い始め、コスプレセックスを楽しみながら今に至っている。