カテゴリ:
電車で酔って倒れかかった女をホテルで介抱しながら生中出しセックス

数年前、夜遅く会社から帰る時の電車の中のこと。
花の金曜日でこっちは仕事の帰りなのに車内は酔っ払いでいっぱいだった。

黙ってつり革につかまって立っていると、ドスンと足の上に何かが倒れた。

驚いて下を見ると、俺の足の上に女の顔が乗っていて、こっちを見てにやりと笑っている。

さすがに驚いたが良く見るとこの女泥酔していて目の焦点が合っていない。
20才代前半くらいの女だ。
酔っ払っているので顔が赤くてはれぼったいがけっこう美人。
若いくせに無防備によく飲むよ。
俺は困ったような顔をして「大丈夫ですか?」と女の体を起きあがらせた。

女は酔って頬が赤くなっていて、顔には薄ら笑いを浮かべている。
酒の匂いがぷんぷんする。



俺は「まったく困ったな」という顔をしてみせ、次の駅で女を抱えて下車した。
周りの人も俺が降りるのを助けてくれた。

電車が行ってしまいホームの椅子に女と二人きりで座る。
女は俺の問いに答える事も出来ない状態で、そのうち俺に寄りかかって眠り始めた。
こいつはいただきかなと思った。
ホームでは何も出来ないので、さあさあと女を立たせて、
ふらふらする女に肩を貸しながら、
「明美、いいかげん飲み過ぎだよ」などと適当な名前を呼びながら、
恋人同士のふりをして駅の外にでた。

女の乗車キップが無かったが、駅員も女の泥酔ぶりに気を取られて
見るのを忘れたらしく、俺の定期だけで二人とも外に出ることが出来た。ラッキー。

ホテルに入ろうと駅のそばのホテルを回ったが、金曜日なのでどこもいっぱい。

女は歩かされてさらに酔いが回ってしまった様子。顔がもうろうとしている。

女の香水の匂いと酒の匂いが混ざって俺の鼻を刺激する。
5件目でようやく開いた部屋を見つけてキーをもらう。

受け付けのオバチャンも正体不明の女をじっと見つめて、
俺のしようとしていることに気が付いているような感じがしたが、何も言わなかった。

エレベーターを降りて部屋に入る。女はもう意識がない。
俺は女をそっとベッドに横にならせた。

さすがに風呂に入れるわけにはいかない。あとは脱がせて犯すだけだ。

興奮してチンポが勃起してくる。
女はベッドでいびきをかいている。これから犯されるのにいい気なものだ。

まず上から脱がせる。
服のボタンをはずして上着を脱がせる。ピンク色のスーツだ。

その下の白いブラウスのボタンをはずして服をそっと脱がす。
中から白いブラジャーが出てくる。けっこう胸がでかい。

そっと体を横にしてブラのホックをはずす。
ポンとはじけるようにブラが外れて、中のオッパイが揺れながら出てくる。
それを見た時興奮でチンポの先から汁が出てしまった。

ブラを取り外して胸に触ってみる。自分がドキドキしているのがわかる。
女の体が上を向いているので小さく見えるけど、なかなか良い形のオッパイだ。

やわらかい乳首を口に含んで少し舐めてみると、
女の甘酸っぱい体臭がして乳首が固くなってくる。

両方の乳首を舐めて固くしてみると、
ビンビンに固くなった左右の乳首が斜め上に突き出る。

女の吐息が一瞬止まって「ううん・・」と声を上げたので、驚いてこちらも動作を止める。
どうやら感じているようだ。

スカートの下から手を入れてパンツのまたの部分に触ってみると、
暖かくて少し蒸れているような感じがする。

次にピンクのスカートを脱がしにかかる。
後ろ側にフックがあるので、それをはずしてみると簡単に脱がせた。

これで上半身は全裸、下半身はパンツの上にストッキングの状態だ。
俺はゆっくりとストッキングを脱がせた。

丸まったストッキングをベッドの下にほうり投げる。あとは白いパンツのみ。
女の両足を少し開いてみると、パンツの股の部分に黄色いシミがある。

その上パンツの生地が濡れて一部透き通っていて、マンコの肉が外から見えている。
さっき感じた時に濡れたのかな。

まさか今日知らない男の目の前でパンツをさらすとは思わなかったろうし、
さんざん飲んだ上に風呂にもはいっていないから、
パンツをきれいにする暇はなかったようだ。

次)電車で酔って倒れかかった女をホテルで介抱しながら生中出しセックス