カテゴリ:
彼氏持ちのサークルの女友達と浮気した

俺 ゆうた
女友達 ひまり

俺たちは同じサークルでお互い違う彼女と彼氏がいた
ある日先輩の卒業のアルバムを作ることになりひまりがうちに来ることになった

その時は特に何も考えてなかった
一緒に写真を選んだりしているとひまりの髪からふわっとした優しい香りがする

お肌もきれいで肌がふれるたびに少しむらむらしてきた
そこで少し疲れたタイミングで

「肩でも揉んでやろうか」

とマッサージをしてあげた



しばらくやっていると

「じゃあ次にお返しにやってあげる」

といってやってくれたこのころにはかなり下心が芽生えていた

「昨日歩きすぎて筋肉痛だから脚もやってよ」

といってマッサージを下半身の方に向かわせた
この頃にはかなり微妙な空気になっていた俺は思い切って後ろからおっぱいをゆっくり包むように

「俺たち浮気してるみたいだね」

といったひまりもまんざらでもなかったのでそのままマッサージは性感マッサージへと変わっていった

オマンコは完全に濡れていたそのままクンニから生で挿入したこんな展開予想してなかったのでゴムがなかったのだ

「中で出していい??」

と聞くと

「さすがにそれはだめ」

と言われたがそのまま出してしまった
怒るかなと思ったがそんなに怒られなかった
今ではサークルに顔出すとお互いドキドキしている