カテゴリ:
吹奏楽部の居残りで先輩とふたりきり

中学時代は吹奏楽部に入ってた。
中2の時、男子4名、女子20名超だったと記憶。

中2の文化祭の2日前だったと思う。

文化祭は吹奏楽部の晴れ舞台でもあるから、その日は一日練習かと思ってたんだが、先生の都合で午前までになった。

一応、午後に残りたい人はお弁当を持ってくれば残ってもいいが、帰るときに職員室にいる事務の先生に言え、との条件付きで。

中学時代はクソがつくほど真面目だった俺は、きちんと弁当を持ってきたんだが、みんな持ってきておらず、帰ってしまった。

俺も帰ろうかと準備していたら、同じ楽器(クラリネットだった)の女先輩も俺と同じく弁当を持ってきて残るらしく、その先輩からのお願いで一緒に残ることになった。



他の楽器の人も少しは残るだろう、と思ったが全くいなかった。
音楽室で、女の先輩と俺だけが残ってしまった。

お弁当も少し離れて一緒に食べて、そのあとは少し話をしながら楽器の準備をして、練習した。

練習が終わって、事務の先生に帰ることを告げようと職員室に行ってみると誰もいなかった。

事務の先生を探しにあちこち校舎を先輩と探しまわった。

教室棟で先生を探していると、ガラガラとガレージがしまる音がした。

教室棟が閉められて、先輩と俺が閉じ込められてしまった。

先輩「どうしよ、○○君。閉じ込められちゃったね」

注釈しとくが、先輩は可愛くないが、ぶさいくではない。
少し太っていて、のほほんとしている。

先輩「そういえば○○君、スキップできなかったよね。練習しよっか」

文化祭で楽器を吹きながらスキップするシーンがあるんだが、俺は全くスキップができない。

俺「(なんだってこんな時に…)ええ、あ、はい」

スキップしてみた。
当然できない。

先輩「手ぇつないで一緒にしよっか」

先輩が俺の手をほぼ強引に繋ぐ。
実を言うと、先輩とは手を繋いだことはいくらかある。

スキップの練習を以前した時に、繋いだのだが、まさかこんな時に手を繋がれるとは。

スキップはできなかったが、練習の後も手を離さない先輩。
俺も離すことはしなかった。

練習した場所は3階だったんだが、とりあえず1階におりて、窓をあけて脱出しようと先輩と決めて、階段を下りた。手を繋いで。

階段を降りようとしたら、先輩が急に俺の手を引っ張って、俺に顔を近づけてきた。
咄嗟にキスをされると考えたが、俺も顔を近づけてキスをした。

キスしながら抱きついて、
廊下に横になって、一分ぐらいはキスをした。
今ならヤれると確信した俺は、先輩の胸を触った。

少し太っている先輩の胸はCぐらいはあった。
先輩が体操服を上半身だけ脱ぎだし、生で胸をまさぐった。

先輩「次は○○君の番ね」

と先輩が俺のズボンとパンツを一気に脱がしてフェラし始めた。

いやらしい音が校舎に響いていたのを鮮明に思い出す。
その間、俺は先輩の頭をなでていたと思うが、そこはよく思い出せない。

フェラが終わると、先輩の下を脱がして、股を開かせた。

俺「毛ぇ、深いっちゃね、先輩」

直感的に汚いと思った。
少し臭いもしたので、クンニはよそうとその場で決め、
とりあえずクリを探してクリをいじった。

時折、先輩のあえぎ声が出ていた。
そして膣の中にも指をいれて、激しく出し入れした。

先輩「…ぁっ…ゃっ…ぁぁっ…ゃあああっっ!」

先輩がビクッとなった。
俺はイったんだと思い、手をとめた。

イったわけじゃないんだよ、とあとで先輩が教えてくれた。
何となく罪悪感が残り、俺と先輩は服を着始めた。