カテゴリ:
友達に頼まれて、友達のドMな彼女とHしてきた

今、友達に頼まれて、友達の彼女とHしてきた。
とてもマニアなプレイであった。
俺がやって、友達は見てるだけ。
アレしろこれしろと彼女に命令すると言う、何とも倒錯プレイでした。

友人の彼女は20台後半。
色白ぽっちゃり系で、胸も大きいし尻もむっちり。
職場では、人の上に立って仕事をしている才女。
ちょっと細めの教育ママみたいなメガネをかけていた。
(眼鏡女は萌える)

あるホテルのスイートルーム。
約束の時間に行くと、彼女はバスルームで準備中。
俺も彼女が出て来るのを待って、軽くシャワーを浴びる。
友人は、ソファに座ってチューハイを飲みながらパンツ一丁で待っている。
俺と彼女がやるのを指導するわけだ。



彼女がタオル一枚まいた姿でごあいさつ。
恥ずかしそうにうつむいてしゃべっていると友人が「もっとちゃんと自己紹介しなさい!」と、一喝。
おお、そういうわけなのね。
自己紹介を済ませると

「体を見せてあげなさい。**さんが待っていらっしゃるでしょう。」
なかなかタオルをはずさない彼女のタオルを無理やり取り上げて
「さぁたって。見せて差し上げなさい。」
彼女は体をくねらせて、隠そうとする。

彼女はいきなり俺のティムポをくわえて、ジュボジュボと吸い込み始めた。
友人がすかさず、
「いただきますは言ったのか!」
「はい、いただきます。」
上目遣いに俺を見て、恥ずかしそうに言うんだな。
そしてまた、ジュポジュポ。
思わず、彼女の頭をつかんで、グイと引き寄せた。
「もっと奥まで。もっと吸い込んで!」
彼女は、口の周りを唾液だらけにして俺のディムポに吸い付いてくる。
ゆっくりと、手を下腹部に持っていくと、したたるほどのお汁があふれている。
「もう、こんなに濡れてる!」
俺が言うと、友人は
「お前、俺以外の男としてそんなに感じるのか!」
怒りながら、すっかり倒錯した悦びに浸っていた。


十分にしゃぶり尽くしたところで、友人が
「そろそろ、やってもらえ。」と、彼女に命令。
「はい。お願いします。」
彼女はベッドに手をついてでかいおケツをグイともち上げて、
「お願いします。入れてください。」
俺はおもむろに、ティムポを突っ込んでグッポグッポと出し入れしたね。

それから、グィングィンスライドさせて、またグッポグッポ。
彼女は、もう、ビシャビシャ。
頭をガックンガックン振りながらハァハァ言っている。
友人は、彼女とディープキッス。
それを眺めながら、更にグッポグッポ。

友人は、横にまわってしばらく様子を見ていたが、「感じるのか?おい!お前本当はもっと好きな事あるだろう。
言ってみろ!」と、命令する。
「はい。ゴックンが好きです。」
「なに?もっとおっきな声で。ちゃんと、お頼みしろ!」
「はい。ゴックンさせてください。」

今度は俺がベッドに寝て、彼女がフェラチオ。
ジュッポジュッポといやらしい音が、部屋に響く。
「もっと、激しく。ほら、タマももんでさしあげろ!いつもいってるだろう!」
友人は、興奮してきて、彼女に命令し続ける。
「時々、手で、しごいて差し上げろ!」
彼女は、時々口を離して、悲しそうな声で(しかし悦びながら)
「はい、はい」と、命令をきいている。

やがて、69の格好に。
ベショベショのマムコとクリをクッチョクッチョと嘗め回すと、あえぎ声を上げながら、ティムポを口から離してしまう。
すると、友人が
「しっかりくわえろ、ゴックンさせていただけないぞ!」
こちらからは見えないけれど、彼女の頭をつかんで、俺のティムポに押し付けているようだ。


69でグッチョグッチョになめてなめられて、もう、逝きそうになった俺は、今度はベッドに仁王立ちしてフェラを続けさせた。
友人は、横にまわって見ながら、
「俺の友達にやられて悦んでるなんて、頭に来る。あとでおしおきだ!」
と、怒ってるようなふりをして悦んでいる。
俺は彼女の頭をつかんで、彼女のお口を攻めまくった。
そして、最後の瞬間。
おお~、え~気持ち。
「一滴残さず飲むんだぞ!」
ゴックンゴックン。
「ほら、お口を開いて見せて差し上げろ。」
彼女の口の中には、まだ、沢山の俺の分身があふれていた。


彼女は、キスだけは嫌だと言っていたのだが、友人の命令でディープキス(フェラ後のキスは俺も嫌いだぁ!)でも、異様な興奮の中で、彼女にアナルアンド袋舐めをさせて、俺も、最後にバックからクンニをして、終了。
友人は、しきりに
「俺にはそんなことしたことないくせに。」とか、
「おれのときはそんなに悦んでないだろう。」
などと言って、怒り悦んでいた。
「明日の朝までおしおきだ!」
と、最後に萌えていた。

俺は、
「何のお仕置きしたのか絶対に教えてね。」
と、言い残し、(えらくかっこ悪い台詞だ。そう言うキャラクターなもんでね。)ホテルを去った。

う~ん。
なんだか、妙な興奮の中で終わってしまって、夢かうつつかわからんようになってしまった。
でも、きっと友人は十分に堪能してくれただろう。
もう少し、自分の中でシチュエーションを作ってけば良かったかなぁ。
と、反省する事しきりである。
しかし、彼女がやられているのを見るというのも、楽しいもんかもしれない。
いや、ただのSFだから、興奮するのかなぁ?う~ん?でも、とりあえず、ただでいい事させてもらったし、ま、いっかぁ。