カテゴリ:
処女だった彼女が乱交もする自他認めるビッチになっちゃった体験談

大学1年のとき付き合った彼女が処女だった。
付き合う1ヶ月前くらいから裸で抱き合ったり、お互い触り合ったりはしてたけど挿入には至らず。

初フェラは付き合って2ヶ月ほどしてから。友達の家で飲み会をしていて、皆が寝静まった頃、二人で外に散歩に行った。

酔うとエロくなる女だったんだけど、その日も酔ってたのでエロモードに入ってた。

人気のない路地裏にひっぱりこまれ、自分でシャツとブラをめくって、オッパイを俺にスリスリなすりつけてきた。



んでその後、彼女が俺のスボンをおろしはじめ、アレがあらわになったところでパクっとくわえ、頭を上下に動かしはじめた。

まぁイケなかったけど、それまでフェラは拒否され続けてきたからめちゃ興奮した。


挿入はそれからまた2ヶ月後くらい。

それまでも何度か挑戦したんだけど、指を入れようとしても悶絶するくらい痛がってたのでなかなか上手くいかなかった。

初めて成功したときは騎乗位だった。
相手に任せるより自分で導いた方が痛くない気がすると、彼女が言ってきたからだ。

かなり痛がってはいたものの、何とか挿入に成功。

やっとの思いでここまでたどり着いたので、お互いかなり感動したもんだ。
血はうっすら滲む程度に出てた。

その後色々あって彼女とは別れたけど、誰もが認めるビッチに成長したw

誰とでも寝るし、乱交もするし、不倫もするしw
ちょっと憂鬱だw