カテゴリ:
一緒の部屋で寝てる妹に寝込みフェラされてそのままやっちゃった体験談

俺には3つ下の妹がいる。
妹は中学3年の時に実の兄である俺がいうのもなんだが、妹は清楚な雰囲気で容姿はよく勉強もでき、さらに当時付き合ってた彼氏は中学卒業後、野球で強い強豪校へ進学し甲子園出場は間違いないといわれている男だった。

まぁ誰もがうらやましがるカップルだったのだろう。
しかし高校へ進学するという矢先にどういう理由か分からないが妹たちは破局し、その失恋から妹が少しづつおかしくなってきた。

さらに狙っていた公立高校の試験にも落ち、そのショックから妹の精神状態はさらに悪化。
家族との話し合いの上、今はどの学校へ進学してもメンタル面でやっていけないだろう。ということで1年を治療に使うという事になったのだった。



それから妹は家に引きこもるようになり、俺の部屋にあるパソコンでオンラインゲームに夢中になり、俺がいるときもいないときもギルドメンバーとボイスチャットをしながらゲームをしている事が多かった。

そんな妹を俺も最初は今はこういう事で時間をつぶすのも仕方ないか。と思っていた。
しかし、妹の生活は夜おきて昼間は寝ており、昼夜逆転をしていた。
さらに飲んでいる薬の副作用かリアルで怖い夢を見るらしく、夜が怖く一人が怖いという理由で妹はとうとう自分の布団をもって俺の部屋に引っ越してきたのだった。

気が付くと季節は夏になっていた。
その頃には妹は前とは別人のようにだらしなくなり、風呂も2、3日に1回しか入らなくなり、下着もかえていなかった。

風呂トイレ食事以外は寝ているかずっとゲームをしているかが続き、いい加減俺も少し精神疾患を持つ妹への寛容さというよりか、腹がたち始めていた。

そんなある日、いつも俺の部屋では俺がベッドで寝て、その下に妹が布団を引いて寝ているのだが、その夜、妹はまたリアルで恐怖な夢を見たらしく俺のベッドに上がりもぐってくるようになったのだ。

最初はむやみに突き放すのもかわいそうだ。と思い毎日毎晩ではなかったので隣で俺も一緒に寝たが、しばらくすると妹はもはや一人では眠れない状態になってしまい、毎日毎晩俺のベッドの中で寝るのが日常となってしまった。

そこでとうとうあってはいけない事が起こった。俺はなにか奇妙な違和感で少し目が覚めた。
直感的に、(あれ、夢精しているのか???)と寝ぼけながら思ったのだった。

しかし、実際は違った。クーラーを入れてるとは言えど、少し暑いもので俺はTシャツとトランクスで寝ていたのだが、俺のトランクスから妹が肉棒を出し、フェラチオをしていたのだった。

正直俺はその頃、まだ童貞だったので、血のつながった妹にされている。という背徳や罪の精神よりも、あまりにも正直すぎる肉体面でのフェラチオの快感に負けてしまったのだった。

俺は妹を突き放そうかと思ったが、今までに味わった事のない感覚に浸ってしまうことになった。
すると俺が目を覚ましているのを気がついた妹は、「目さめた?w」などと言いながら薄暗い部屋で上目使いで俺の肉棒を根元からなめたり口にくわえたりを繰り返していた。

俺は何も返事をする事なく、ただ隆々と勃起した自分の肉棒を掴み、美味しそうにフェラをする妹をみる事しかできなかった。

妹はフェラをしながら「ンッ・・ンッ・・」と自らも感じ始めている様子だった。
俺はそういう女の光景も初めて見るので、なにがなんだかもう分からなくなってしまっていた。

すると妹は体勢をかえ、かけていたタオルケットをとると、今度は69の体勢になり、俺の顔の上に自分のパンツを押し付け、クリの部分を俺の鼻の頭に少しづつこすりつけてきたのだった。

次)一緒の部屋で寝てる妹に寝込みフェラされてそのままやっちゃった体験談 2