カテゴリ:
【女性】さみしくて男友達に抱かれてしまった浮気体験談

私の彼氏は月に一度しかあえないんだけど、あまりにもさみしくて、男友達と
食事に行ってきた。そのあとバーへいって静かな店内で恋愛相談した。

お互い終電もなくなって、近くのホテルに泊まらなきゃっ、てことになって、
ツインのベッドに離れて寝ました。
何もされなければ大丈夫…って信じてたから。

そしたら「◯◯ちゃんと一緒に寝たいな」って。
え~???なんで子どもっぽいことをいうのぉ?って言いながら、私は彼のベッドの中へ。
しばらくすると、「あんな彼氏やめちゃいなよ」って言って、優しくキスしてきた。
「ちょ、ちょっとまって!彼氏のことは吹っ切れてるけど、あなたと今ここでエッチするっていうのはなんだか」
「いいじゃん、さみしいもの同士、温めあおうよ」



胸を揉まれ、熱い彼のキスを受けている内に、私はもうどうにでもなっちゃえ!
って気になりました。実際、彼氏とはもうHする気もなかったし、それに今抱き合っている彼が私を見つめてくれる

そう思ったら、キスで彼が舌を入れてきても拒みませんでした。
だんだん二人でトロトロになり始めていたら、彼の右手がショーツごしに私のクリ
をなぞり始め…
「あぁ・・・もうこんなに濡らしてるんだ?」

ブラもカットソーもスカートも、そしてショーツもはぎ取られ、私だけが全裸に
「おねがい明かりを消して」
「でも、手が届かないよ」
手の届くところにスイッチがあるのに彼はじらしてきます。

口と指で乳首をころがしたり吸い上げたりされ、
「わぁ、もうこんなにクリトリスが大きくなってるよ」
と言いながら大きな指でゆっくり撫で回してきた。
しかももうアソコはビショビショで、「こんなに垂れてる」って言いながら、お汁を指ですくい上げ、それをクリにこすりつけてなで回しました。

私は耐えきれず「こんなことされたら、欲しくなっちゃうよぅ」
「まだだめだよ。これからだから」
そう言った彼はついに私のあそこに舌をあてがい、ジュルジュル…と音を立てて吸い始め、やがて右手の小指をアヌスに、薬指と中指を膣口にあてがい、人差し指と舌をつかってクリを攻め始めました。

一気に奥まで突き刺すようにアヌスと膣の中に彼の指が入ってきて・・・。
「お、お願い……あぁ…いや!いや!いやぁ!」
すると彼は嬉しそうに今度は左手の中指と人差し指を彼自身の口の中にいれてたっぷり唾液を付けているところをわざと私に見せようとしてました。
そして、その日本の指をグチュっと音を立てて私の中に入れてしまいました。
下から擦りあげるようにして、私の反応を見るのが楽しいという表情をしながら。

「もう我慢できないの…おねがい欲しいの」
「何が欲しいの?」
「あなたの…だめ恥ずかしくて言えない」
「でも言ってくれなきゃ何を入れて欲しいのかわからないよ?」
(わかってるくせに!!!!!)
「あなたの……おちんちんを入れて下さい!!」
「うん…いいよ。でもその前にお願いがあるんだ。」

「◯◯にしてもらおうかなー」
と、急に立ち上がった彼がサッとジーンズを脱ぎました。
すると私の目の前には、彼のあそこが…

次)【女性】さみしくて男友達に抱かれてしまった浮気体験談 2