カテゴリ:
満員電車に感謝して、ぴったりくっついたJCの体にいたずらした妄想体験

2ヶ月前に夕方のラッシュ時に幸運が降ってきた
18歳の普段の俺は、もちろん性欲全開なので毎朝可愛い女子高生の後ろに陣取ってティンコを押し付けたり、軽くボディタッチなどを試みてる程度だった。

しかし、その日は運悪く可愛い子はおろか周りがオヤジばっかで朝からついてなかった・・。
でもまぁそん時はオナニーも3日くらいしてなかったから、性欲も引き潮って感じで。。それほど痴漢に対する執着も無かったし。

でも、いつもどおり帰りの車内に乗ってると、普段はN駅から混みだすのに4駅くらい手前からかなり混んできた。内心これはN駅についたらすごい混雑するな?と思った俺は近くにいる女子高生のナナメ前をキープした。

その子は夏前の時期なのにセーター?薄いセーターみたいなやつを着ていて、おっぱいの形がキレイに膨らんでいた。顔は芸能人には似ていないが、清純派グラドルって感じの顔だった。



まだN駅には着いていないが、相当車内は込んできてたのでその子は押されて俺の目と鼻の先、まじ舞浜駅のカップルバリに接近してた。興奮する漏れ、照れて顔をそらす彼女。。なんとかして触りたい、しかしほぼ正面に位置する俺と彼女・・。手が出せない状況が続く・・・。

そうこうする内に膨張する俺の息子、現状を打破するきっかけを探す俺。
そして、ふとある事に気づく。周りは皆こっちを向いていない!確かに数人はこちら側に顔を向けていたが、幸運にもリーマンやうるさそうなババァはみな下を見ているか眼をつぶっている。

チャンスだ、動くなら今しかない、そう感じた俺は肩にかけた鞄を大袈裟に直す振りをして、その推定Cカップの柔らかそうなおっぱいをつついた。つつくというよりボタンみたいに押した。

一瞬彼女はビクっとからだを震わせ、こっちを恐ろしそうに見上げた(あぁ、この子こうゆうのに慣れてないんだな)赤面する彼女、しかし身体は依然として動かさず。普通は背を向けたりしてもよさそうだが・・・。

彼女はしなかった、偶然だと思ったのか?俺くらいの年齢の奴は痴漢しないと思っているのか?それか怖くて動けないの?チャンスだった・・。

それからもう一度、今度は下からおっぱいをすくい上げて、目と鼻の先のクチビルに軽くキスをしてやりたかったが、最初のおっぱいタッチでかなり興奮と緊張をした俺はそれ以上動けなかった。

マズイ、2駅先はN駅だ、彼女の近くをキープするには不自然な動きになってしまう。焦る俺、しかし非情にも電車は進む。

そして電車はN駅の1つ手前まで来てしまった、こうなったらこの駅で数人降りるのを待ってその間にドアを挟んで彼女の反対側に立とう。N駅は反対側のドアが開くから、なだれ込む乗客に合わせて、彼女のケツを触ってやろうと思った。

そんな妄想を抱きドアが開く。さぁ乗客よ、俺にベストポジションを与えてくれ!マジで祈った。すると上手い具合に俺と彼女の周りの乗客が降りていく。。よっしゃ。

この流れで行けば彼女はドアに寄りかかるポジションを取るだろう。そこですかさず俺がその後ろに立つ。そして大量の乗客を搭載するであろうN駅で彼女はドアと俺との板ばさみになる。完全な作戦、どこにも穴は無い!

そして彼女はドアの方へ、、、勝った。俺はこれから最低3分ほどは彼女のケツに指と息子を這わせ
うなじを軽く舐めるくらいはできる!そう確信した。しかし、彼女はそのままドアを超えて駅を降りてしまった・・・・。orz

次)満員電車に感謝して、ぴったりくっついたJCの体にいたずらした妄想体験 2