カテゴリ:
不倫人妻が絶倫なおっさんにガッツリしこまれたエロ体験談

私は去年結婚したばかりの27歳の人妻です。
三歳年上の主人は出張が多く子供もいないので平日はほとんど一人…
結婚前にあれだけしたセックスも今は月五回程度。

ウズくカラダを静めるために出会い系を始めました。
サブアドで毎日顔の見えない変態男から来るメールでオナニーして、エッチな写メの交換をしていました。
エッチメールの相手はみんなイケメン君ばかり。

ある日主人と出張先の電話で喧嘩した夜、私はメル友のアオイ君と会う約束をしました。
メールオナニーする時のエッチな下着を着け、彼の好きなミニスカのリクルートスーツ着て駅前で待ち合わせしました。



そして来たのは…小太りの…全然違うオタクっぽいオヤジ…
「アオイです。よろしく。綺麗だね、失神するまでたっぷり可愛がってやるからな」
車はまっすぐホテルに直行、私は愕然としながら「一回だけ…我慢しよ…」思い部屋に入りました。

男は「あんたみたいな人がなんで?よっぽど淫乱なんだなぁ~」とニヤニヤしながら私をベットに押し倒し、両方の脚を拡げパンストを破き始めると、いきなりアソコに顔を押し当て臭いをかぎ出しました。

私は恥ずかしくって思わず「シャワーさせて!」叫びました。
男は無視して黙々と鼻を擦り付け、さらに下着を捲り 「クチュクチュ」と音がたち始めると、男は一言「淫乱変態女だよな。あんた」と言い素早くズボンを脱ぎ何も言わずに挿入してきました。

私は目の前が真っ白になりました。
気が付くとブラウスがはだけ、ブラジャーがズレて胸が丸見えの状態で男の陰茎が忙しく出たり入ったり…
男は異常に興奮していて今にも射精しそうな状態。

もうすぐ終わる…
私は我慢してましたが、実はこの時既に転落は始まり出していたのです。
男のセックスは全く終りません。
終わるどころかどんどん激しくなり、いつの間にか男の指が私のアナルに入り激しく動き回っていたのです。

私、10回近くイカされてました。
「お願い、イって!」と懇願すると男は「もう二回出してるよ」と言いました。
私は自分がイキ過ぎて男が私の中で射精してる事に気付いていなかったのです。
しかも男はとんでもない絶倫だった…

その日男とホテルを出たのは明け方、そのまま私は男の車に乗り目が覚めると男のアパートにいて、一緒に寝てました。
そこでも男に抱かれました。
今私はこの男なしではいられないカラダになってしまい、主人とも、もう戻れなくなってしまったのです。