カテゴリ:
巨根のイケメンを呼んで巨乳元カノとの3Pプレイで興奮した体験談 2

前)巨根のイケメンを呼んで巨乳元カノとの3Pプレイで興奮した体験談

通常の1.5倍の代金をホテルに営業くんが支払う。
そして入室。全員緊張w
しょうもない世間話をしながらテレビをエロちゃんねるに。
大音量で響くAVのあえぎ声。非日常な空気。
まずは彼女と僕でシャワー。前もって聞いていた営業くんの好みに合わせ
ミニチャイナに変身させる。
営業くんはその姿に興奮。しかしまずはシャワーを浴びさせる。
その間に彼女と長いキス。
「これから他の男に抱かれるんだよ?」
「ちnぽ大きいよ?」
と言葉責め。ガンガン濡れる元カノ。
シャワーから営業くんが戻ってくる。
元カノは既にベッドの上。



彼女をキングサイズのベッドの真ん中に横になってもらい
両サイドにオレと営業くん。営業くんと僕はパンツのみ。元カノはミニチャイナ。

緊張して強張る元カノの両サイドから、ミニチャイナの上からとはいえオッパイを二人で撫で始める。
目を強くつぶる元カノ。相当緊張。
そして営業くんのちnぽをパンツの上から撫でるように指示。
言葉通り、しかし相当ビビりながら営業くんの方に手を伸ばす元カノ。
オレを見つめながら営業くんのちnぽに手が到達。
「勃起してる?」と聞くオレ。
「おっきい。。」と元カノ。

優しくチャイナの上から胸を揉むのを止め、いったんオレはベッドから離脱。
すげえ勃起してるオレw
そのままカメラを持ち、ミニチャイナのまま見知らぬ男のちnぽを撫でる元カノを激写。
そこで我慢できなくなった営業くんが元カノにキス。元カノは腰を浮かせつつ、彼のキスを受け入れる。
舌が入っていく瞬間を真横で見ながら、受け入れていく元カノに相当オレは興奮した。よく逝かなかったw

長いキスをされた元カノはボーッとしていた。つまりこの状況にかなり興奮してる様子。
オレと営業くんはパンツを脱ぐ。しかし本当にデカイ。ゆうに20センチ越えw
オレのが本当に粗末に見える。元カノも営業くんのちnぽを凝視している。
そのまま両サイドに男二人が仁王立ち。彼女に正座させ、まずは両方のちnぽをしごかせる。
営業くんのデカいそれをくわえるように指示。彼女は僕のちnぽを強く握りつつ
営業くんのちnぽに唇を寄せる。入り切らない程のデカさ。
オレはその瞬間の写真を激写。オレのちnぽを握らながら、巨根をくわえる元カノ。

オレは彼女にフェラを続けさせつつミニチャイナを脱がしにかかる。
営業くんはその姿に興奮。ますます固くなる。
うぐっうぐっという今までに聞いたことのない声をあげながらくわえる元カノ。

パンティ一枚にしたところで一度フェラを中断。
営業くんに元カノを好きに触ってもらう。
おっぱいを愛撫したりおまnこをいじったりパンティを脱がせたり。。。

オレは違うちnぽをくわえた彼女にむしゃぶりつくようにキス。
違う匂いのする口の中に無性に興奮。
彼女は’おまnこに指を入れられながらお漏らし。
それでももう恥ずかしがることもなく激しい喘ぎ声を出し続けオレとキス。
「彼のがほしいか?おまnこにほしいか?」の質問に
「ほじいい。。いれてほじいいい。」と唾まみれの口で叫ぶ元カノ。

オレのをくわえさせつつ営業くんに挿入を指示。
元カノのあそこからは白く濁った愛液がアナルの方まで垂れていた。
太い営業くんのちnぽがめり込むようにパイパンまnこに入っていく。
それをビデオに収めつつ、少し離れて眺める。
元カノは見たこともないような腰使いで彼のちnぽを受け入れていく。
痛がるそぶりもない。ぴちゃぴちゃと物凄い愛液の音。
何度か強めのストロークで完全に元カノは逝った。オレのと違うちnぽで。。。
その後も自ら欲しがり「もっともっといれて」と懇願している。

オレはそこまで興奮し感じる彼女を見て本気で嫉妬した。

テンションが下がるくらい嫉妬しているオレ。
しかし彼女の興奮は冷めない。
オレは彼女が営業くんの上にまたがって腰を振る姿をひたすら撮影する。
元カノはオレに視線を向けながら何度も巨根で果てる。
最後は正常位から声が出なくなるまで突かれ失禁しながら彼のせーしを腹に掛けられて終了。
元カノはそのせーしを指でいじりながら膝をガクガクさせていた。

その日はそれで終わりオレと元カノは同棲する部屋へ。
興奮収まらないオレはそのまま元カノを押し倒し今日の事を聞きながらセクロス。

彼女は普段はMというか大人しい受身のセクロスなのに帰ってきてからのセクロスは全然ちがった。
なんというかオレを下にみていて見下す感じ。
興奮して話しを聞くオレをバカにしてる感じというか。

オレはそんな彼女にますます興奮してしまい元カノを逝かせることもなくすぐに果ててしまった。
元カノはそんなオレのちnぽを掃除フェラしながら気持よかった?と聞いてきた。
そんときのすごくSっぽい目付き。。

そうやってオレたちの本当のセクロスは始まったんだ