カテゴリ:
友達カップルに見られながら童貞と処女を捨てた初エッチカップルの体験談

俺、友達から彼女を紹介され、4人で夏休みに北海道に遊びにいった。
女子と男子に別れ部屋を取ってものと思っていたら、一室と知り落ち着かないでいた。
食事の後、部屋に入ると、女子2人は早速風呂に消えていった。
暫くすると、ガウンを羽織って、着ていた物を手に持って2人が出てきた。
変わって、男2人で風呂へ入ると、友達から童貞か聞かれた。
俺は、童貞であることを告白すると、紹介相手も処女で、この旅行で捨てたくて参加したとのこと。

友達は、だから体は綺麗に洗ってチンカスも取って、一発抜いておけと言われた。
後は、友達カップルがやるところを見せるから、2人で良く見て勉強しろと言って風呂を出ていった。
俺も、言われた通りし、風呂を後にした。
部屋は、照明がやや落ちていたが、1つのベッドに友達カップルがいて、すでにディープキスの最中だった。



紹介された彼女はベットの横で、ジットそれを見ていた。
俺も急いで、彼女の後ろに座ると彼女を抱き締めてみた。
彼女は一瞬ビクとしたが、俺に体を預けてきた。
ベッドの2人は上半身裸で乳くりあっていたが、ガウンを取り去り全裸で更に過激が愛撫がはじまった。
俺達も興奮して、隣のベッドに彼女を連れて行くとガウンを取って、全裸に剥いてしまった。

彼女の覚悟を決め、直に従った。
俺もガウンを抜き全裸となった。
友達カップルは既に69状態でビチャピチャ、ウングウングと励んでいた。
俺達は見よう見まねで、初めての愛撫、ディープキス、フェラ、クンニと進んでいった。
友達カップルはゴムを付け、挿入直前であったが、俺達に良く見えるように挿入し、
ピストンを始めた。
こちらも、始めようとしたら、友達カップルが途中で止めて俺達のベッドに来た。

そして、彼女の濡れ具合と俺の勃起状態を確認すると、俺のチンコを友達の彼女がつかみ、ゴムを付けるともう1人の彼女のマンコを開き鬼頭を押し付けた。
そして、ゆっくり押し付けるようにいった。
俺のチンコが、何かに当たったと思ったら、彼女が痛いといった。
彼女に我慢するように言って、一気に押し込むと、ミシという感じの後、
ツルンとチンコが嵌まっていた。

彼女が泣き出したが、ゆっくりピストンを繰り返すと、その後いい声であえぎ出した。
俺も限界となり、ゴムに大量の射精をした。
その後、友達カップルもベッドに戻り、セックスを再開した。
本当に気持ちいい経験だった。