カテゴリ:
大学時代の女友達2人と帰りに泥酔している寝込みを襲って生えっちした体験談

気づくと、弘恵は寝ていた。
優と真紀は、「おい、弘恵寝るなよー」と言いつつ飲み続ける。
どうせ明日は仕事も休みだ。
朝まで飲むつもりで、優も真紀も弘恵のマンションにやってきたのだ。

大学を卒業して1年と3ヶ月。久しぶりに居酒屋に集まった。
学生時代には毎週のように3人で飲んでいたのに、就職してからはお互いに忙しくてメールくらいしかしていなかった。
“初めての同窓会”は異様に盛り上がり、3人とも泥酔して終電で弘恵のマンションに来たのだ。

「弘恵、大人っぽくなったよねー」

酔いで頬を赤らめた真紀が、にやーとイヤらしく笑顔になって優に言った。



「あ、あぁ、そうだな」
「優さー、学生のとき弘恵のこと好きだったでしょー」
「まさか。なに言ってんだよ」

まさか、ではない。
大学4年のはじめごろから卒業まで、優は弘恵に恋をしていた。
ちなみに、3年生のときには真紀のことが好きだった。

「ふふ。ムキになって否定しちゃってカワイー」

真紀が優の顔を下から覗き込む。
グレーのノースリーブの胸元から黒いブラジャーが丸見えだった。

「お前、ブラ見えてるよ」
「別にいいよ。弘恵と違ってもったいぶるほどのオッパイじゃないもん」

真紀と弘恵はまったくタイプの違うオンナだった。
真紀は長身のモデル体型で勝ち気、そして貧乳。
いっぽうの弘恵は背が低く、童顔でおとなしいが胸はでかい。
優が反応に困っていると、真紀がまたにやーと笑顔になった。

「ねぇ、さっきから弘恵のパンツ見えてるの気づいてる?」

もちろん、優は気づいていた。
ソファーに横になっている弘恵のピンクのミニスカートがまくれている。

「優、ちょっといたずらしちゃいなよ」

真紀は相当酔っているようだ。

「なに言ってんだ。そんなのまずいだろ」
「大丈夫だよ。ちょっと触っちゃいなよ」
「だめだろ。あいつ、彼氏もできたんだし……」
「バカ。そんなんだから弘恵をとられちゃうんだよ」

弘恵は会社の先輩と付き合いはじめたらしい。
しばらく会わない間に想いは薄れていたものの、居酒屋でそのことを聞いた優はショックを受けた。

「ほら、こっち来なさい」

真紀は優の手をとり、弘恵の寝ているソファまで連れて行った。
そして、パンティごしに優の手を真紀の女性器に押し付けた。

「ちょっとまさぐっちゃいないよ」

優は一瞬なにも考えられなくなり、胸の鼓動が速まった。
そして、俺も相当酔っていることだし、と自分を納得させ、指をゆっくりと優しく動かしはじめた。

「あぁん」

弘恵が声を発した。優の暴走は止まらなくなった。

「優、上手だねー。私がご褒美にチューしてあげる」

優の唇に真紀が吸い付いた。
舌を絡ませてくる。
唇と指からの感触で、優は全身が熱くなった。

「あぁん。はぁんっ」

弘恵の喘ぎが大きくなってくる。
同時に優の愚息も膨張した。
真紀が口を離し、笑いながら優のベルトに手をかける。

「優ったら、こんなに大きなっちゃって」

ペニスを露出させてから、真紀は弘恵のパンティを降ろした。
さすがに弘恵が目を覚ます。

「えぇ、なにぃ。えっ、どうなってるのぉ」
「弘恵、じっとしてて。優が気持ち良くしてくれるって」
「えぇっ、やだぁっ。恥ずかしい」

ペニスをしごきながら、
「指入れちゃいなよ」
と真紀は優の耳元でささやいた。
とうに吹っ飛んでいた優の理性が、さらにぶっ飛ぶんだ。

「あぁんっ、はぁんっ、だめぇっ」

弘恵が腰を浮かせて喘ぐ。
優は人差し指と中指を夢中で動かした。

「優、そろそろだね」

と真紀がまたささやく。

「え?」
「そ・う・にゅ・う」
「それはさすがに……。ゴムないし」
「なに言ってんの今さら。ほらっ」

真紀にせかされ、優は慌ててペニスを女性器に押し込んだ。
ぬるっとした粘液につつまれ、生暖かさが肉棒を包んだ。
無我夢中で腰を動かす。

「やだっ、優ったら激しい。出すときは外にね」

そう言って真紀は、また激しく優の唇を吸った。
おそらく、ほんの数分しか経っていなかっただろう。
愚息は限界に達し、射精の寸前に優はペニスを抜いた。
精子が弘恵のミニスカートに飛び散る。
放心状態の弘恵を見つめながら、優は肩で息をした。

「優、次は私に挿れて」

そう言って、真紀が腕を絡めてくる。優は息を荒くしながらも微笑み、真紀の股間へと手を伸ばした。