カテゴリ:
彼氏とのセックスじゃ物足りない超淫乱なセフレ

俺21歳。168極めて普通の容姿。芸術系学部
彼氏22175くらい。秀才風。教育学部。
セフレ20歳。154Cカップ。今でいうと柏木由紀似。社会学部。

大学時代に、彼氏持ちのセフレ(同級生)の部屋でいちゃついたりしてたら、彼氏(先輩)から電話。「今から行く」と。
もうちょいで挿入ってところだったけど、仕方ないんで部屋を出た。
で、悪戯心で出窓の前で待機。
彼女がシャワーを浴びてる間に彼氏が来る。
風呂上がりの姿に欲情して、すぐにHへ。
俺との時とは違っておとなしめのH。
時間も30分程度。



彼氏は小一時間部屋にいただけで帰宅。
そのあと、もう一度部屋に入ってHの続きをした。
覗いてたのは内緒にしたけど、彼氏とのを前戯代わりに、かなり濃厚なHをした。
で、忘れられないのはHより覗き。

その後、たびたび覗かせてもらったけど、先輩のHはワンパターン。
キスして胸を吸って、フェラさせて、手マンして正常位で挿入。
あとはバックでする程度で終了。

俺との時には「これ気持ちいい?」とか「そこっ!奥までぇ」とか「だめ!まだいっちゃダメぇ!」「いっていい?いっていい?あぁんっ…ぃっくぅ!」とか言うのに、先輩との時は可愛い声でアンアン言うだけ。

フェラもおとなしめ。
でも他人のHを見たのは初めてで興奮したなぁ!
ちなみに、セフレが先輩と別れかけた時には、相談に乗りながら交際を継続させた。
なんせ覗きを続けたかったから。

結局、セフレとの関係は、俺が大学を卒業するまで(正確には卒業してからも数回)続き、セフレが先輩と別れたあとに付き合った二人の彼氏とのHも覗かせてもらった。
覗きと、セフレとのH、遠距離の彼女、さらに新規開拓…と、あの頃は元気だったな。

ちなみに、このセフレとのHで忘れられないのは、セフレが課題の研究のため、夏休みに九州へ5日ほど旅行したのに同行した時のことかな。
旅行の前後を含め7日連続で毎晩Hしてゴムを一箱使った。
3日目だけ高めの温泉宿に泊まったな。

最終日に、実家に帰ってる先輩から電話があって、セフレが電話エッチをせがまれてた。
ゼスチャーでOKするように伝え、電話しながらH。
激しくできないから、挿入したまま動かず、指でクリを刺激していかせた。
あとから聞いたら、先輩には「電話だといつもより激しいんだな」と驚かれたそう。