カテゴリ:
スーパー銭湯で働く主婦のちんぽ鑑賞

32歳主婦のなつみです。

外見は152cm43kgの痩せ型で茶髪のセミロング、内面は隠れ淫乱です。
スーパー銭湯で働いてるのですが、私のにとっては天国です。
だってチンポ見放題なんですもの。

若いイケメンから渋いオジ様まで…。
で、私の職場には同じようなチンポ好きが他に2人いて(Aさん43歳とBさん41歳)、よく3人で
「あんなチンポ見た、こんなチンポ見た」
と話してます。

明らかにわざと見せてくる人や、頑なに見せない人など色々な人がいます。
見せたがりの人には期待に応えてしっかり見させて頂いてます。
私達にはそれぞれお気に入りがいて、私のお気に入りは近所に住む大学生のトモくんです。
何度か話した事もあり、真面目なスポーツマンタイプです。
外見は瑛太をちょっとジャニーズ風にした感じの細マッチョ(かなりモテると思います)、チンポは大きめでしっかりと剥けてます。



トモくんのチンポを見る度に、
『トモくんに憧れてる女の子もいっぱいいるだろうに、私はそのトモくんのチンポを見てる』
と優越感に浸ってます。

家では主人の留守中はトモくんのチンポを思い出してオナニーしまくりです。
そんなある日、ちょっとした事件があったんです。
トモくんは、閉店間際(閉店は0時)の23時ぐらいに来たりする事があるのですが、その日も23時ちょっと前に来ました。
早速男湯に行き、掃除片付けをしながらチンポを拝見しました。
満足して事務室で伝票整理していると、その後男湯に行ったAさんから衝撃的な言葉が…。

「サウナのタオル片付けにいったらトモくんが1人で入っててさぁ、『出ましょうか?』って言われたんだけど、他のお客さんも入って来なそうだから『ギリギリまでいいですよ』って言ってタオルの片付けしてたのぉ」

うちの銭湯はサウナのタオル交換をする時は、お客さんには退室してもらいます。
閉店時間が近づくとお客さんの状況によってはタオルを片付けてしまいます。
「そしたらさぁ、2人っきりに興奮しちゃったのか、トモくんチンポ半起ちだったんだけどぉ」
それを聞いた瞬間、悔しさと興奮を同時に感じました。
「ごめんねぇ、なっちゃんお気に入りのトモくんの半勃起チンポ見ちゃって」
の言葉にますます悔しさと興奮が。

とりあえず、次にチャンスがあったら私にタオルの片付けをさせてもらう約束をしました。
その日は主人がいるのにも関わらず、我慢できずにお風呂でオナニーしました。
トモくんのチンポを思い出しつつ
『私は大好きなトモくんの半勃起チンポをAさんに見られた』
なんて考えたら、いつも以上に興奮しました。

それから待つ事約1ヶ月、ついにチャンスがやってきました。
23時ちょっと過ぎにトモくんが来たんです。
私にとっては凄く長い1ヶ月でしたが、その分じっくりと作戦を練る事ができました。

どう興奮させるか。

私はうちの従業員の中では1番若く、顔も1番だと思っています。
私なら2人っきりになるだけで、興奮してくれるかも。
ですが、確実に興奮させる為に考えたのが、脇の下と半ケツをチラ見せする事です。
うちの服装は上はTシャツ、下は七分丈のズボンです。
家でシミュレーションして準備は万全です。
胸チラ見せも考えましたが、痩せ型Bカップの私でもさすがにTシャツでは無理がありました。

AさんBさんに
「がんばって」
「半起ちチンポ見れるといいね」
と励まされ、トイレでパンツを脱ぎズボンの下はノーパンで(ノーパンはAさんBさんにも内緒です)いざ男湯へ。
脱衣所で掃除しながらトモくんがサウナに入るの確認し、1~2分して突入。

すぐに、
「ゆっくりしてていいですよ」
と言うと、
「あ、すいません」
と少し恥ずかしそうな表情で答えるトモくん。

まずは、目の前で髪の毛を留め直すフリして腕を大きく上げました。
既に、袖を肩までまくっておいたので、脇の下丸見えです。
サウナは露天側がガラスになっているので、夜は鏡のようになります。
トモくんの方を直接は見れないので、ガラスを見ると、私の脇の下を直視してるのが分かりました。
この時点で、私もかなりの興奮状態でした。

考えてみれば、チンポ丸出しのトモくんと2人っきりなんですもの。
そして半ケツ作戦です。
トモくんの目を盗んで、立った状態でお尻の割れ目が5cm出るぐらい下ろしました。
幸いな事に、座るところが3段ある内の、1番床に近い1段目に座っています。
トモくんの目の前の床に集めたタオルを無造作に置き、背中を向けてしゃがみました。
和式トイレの体勢です。

私のくぼんだ割れ目を覗きこめば、かなり奥まで見えます。
実は私は結構剛毛なので、肛門のまわりにも少し毛があって、その毛まで見える事は鏡と携帯カメラを使って確認済みです。
タオルを整理しながら、ガラスを見ると、前屈みになって割れ目を覗いています。
胸が痛くなるほど心臓がドキドキし、手に力が入らないほど震えました。
半ケツを見せながらも気持ちを落ち着かせ、もう1度ガラスを見ると、トモくんがひざを立てて不自然な体勢になっていました。

この時ついに勃起したと確信しました。
立ち上がり、さりげなくチンポを見ると半勃起どころかフル勃起してて、あまりの興奮に、触ってもいないのにアソコが一気に濡れた感じがしました。
声が上ずりながらも
「元気ですね、いいんですよ、若い人はよくありますから」
と前もって考えていたセリフを言いました。

もちろん、勃起する人なんて滅多にいませんが。
「あぁ、そうですか、すいません」
と答えた後は、隠す事なく、普通に座っていました。
むしろわざと見せてるようでした。

私は心の中で
「今トモくんのフル勃起チンポ見てる、チンポの裏側丸見え、金玉も丸見え」
なんて思いながらイク寸前でした。
じっくり堪能した後、AさんBさんにはきっちり報告しました(脇の下と半ケツは除いてですが)。
これが、トモくんとの最初の銭湯エッチ体験でした。