カテゴリ:
高校2年の時、とある病院に入院した時の話

俺が入院した時にある噂がその病院に流れていた。
見た目悪いトコないのになぜか退院せずに2年も病院に居座る女がいるらしい。

彼女の年齢は17才。身寄りがないため、児童保護?かなんかで療養として入院している。
スタイル良く胸も大きい伸びきった髪をかきあげる姿は病院の浴衣のせいもあり、妙に色っぽかった。


俺は手術後、傷の治りが悪く2週間入院した。
術後は傷の治りが悪いだけで自由な入院生活をしていた。

そんなある日、談話室の自販機にでジュースを買っていると、後ろから例の彼女に話しかけられた。

他愛ない話。学校何処?とか彼女いる?とか。

良く覚えてるのは浴衣の襟辺りから見えた乳首ぐらい。綺麗な胸してた…やらしい丸みをおびててね。

そんな彼女は良く夜眠れなくて一階…病院の外来の待合室でテレビみたりしてるらしい。“夜、一緒に話したいから11時に降りて来て”と、約束をした。

 



その夜、一階の待合室に行くと彼女は薄暗い中、雑誌を見てた。
声をかけると、彼女は“しーっ”と人差し指で口を押さえた。次の瞬間、首を傾げる俺の手を掴んで女子トイレへと連れて込まれた。

「ずっと入院してるとおかしくなっちゃう。今日、お風呂の日だったし、大丈夫だからしよう。」そんなことを言って強引に唇を重ね、俺の口に舌を滑り込ませてくる。
うねるように動く舌に俺も興奮して彼女の胸をもみしだいていた。ブラジャーはしていなかった。凄く弾力があり、手に吸い付いてくる。「…んんっ」絡む舌に彼女の吐息と声が混じった。

俺は彼女のパンツの中に手を入れて指で中を弄くり回した。はじめはネチッこく、徐々に激しく。

彼女は口を離し、「もうダメ…我慢出来ない」と…。

彼女の片足を洋式便所の便座に挙げさせ立ったまま正面からいきり立ったモノを入れた。
彼女は壁を背に突き上げた余韻に浸った顔をしていた。
彼女のナカは、グチョグチョでその濡れた感触は下腹部や腿でも感じられた。

彼女の足を便座下ろし、完全に立ったままの状態にした。対面立位だ。
彼女は俺の腰に手を回し、俺は胸を掴み弄んだ。激しく腰を動かすと声を殺しているのに、んっんっ…と声が漏れた。

彼女のナカはウネウネと躍動し俺のモノをしっかりくわえ、強く時に優しく包んだ。その気持ち良い具合に腰を振る速度が増していく。

「…出そう。」俺は彼女の耳元でそう囁くと「ナカに出して…」と荒い息のまま彼女が。呟いた
俺は、中出しするのに対してちょっと不安になり、一度のぼりつめた快楽をヤリ過ごそうと腰の動きを止めた。
彼女は「うーんっんっ」そう何か声を出すとアソコをグッと締めてきた。「ねぇっ、はやく…」その言葉に完全に理性がなくなった。彼女の腰を抑えつけ、ガンガンと激しく腰を降った。
完全に声が漏れてる。そんな事を忘れ、ひたすら腰を振る。「あっん、イク…」その彼女の言葉を耳元に聞きながら一番深いトコで精を放った。
入院前日からオナ禁してたので、大量の精液が彼女のナカに出て、腿につたって流れて出てきていた。
彼女は引き抜いた俺のモノを口に含み丹念に掃除してくれた。
また俺のモノは彼女の口の中で大きくなった。そのまま口ピストンを続ける。加速度を増すピストンに耐えられず、彼女の口の中で2度目の射精をした。

「またたくさん出た」ビックリした彼女はまた口に含みキレイにしてくれた。

「今日は気持ち良かった、また明日ねっ」そう言って巡回員や看護士にバレないように時間差でトイレを出て、部屋に帰った。

こうして入院中毎夜、彼女の秘密の関係が始まった。

次)高校2年の時、とある病院に入院した時の話 後日談