カテゴリ:
大学で偶然隣になった子が背が低めの巨乳さん

大学に入ったときのオリエンテーションのとき自由席で偶然隣になった子が背が低めの巨乳さんだった。
話し掛けてみると反応が薄いなぁっと思ったら中国からの留学生であった。

午後まで同じ席だったのでそれなりに親しくなり翌日もしゃべりメアドも交換した。
その数日後、彼女の家の整理を手伝うことになった。彼女の家は大学から近いアパートで、手伝いながら日本のことも教えた。



講義が始まってからも数回彼女の家に行くことがあり、GW明けの木曜日(この日はお互い午前終わり)にもまた彼女の家に行った。

その日は20度後半で彼女はオレンジのTシャツ1枚だったんだが、生地が薄く中の黒ブラが透けていた。

ベッドに寄り掛かって話をしていて俺が彼女に「胸大きいね」と言うと腕で隠し恥ずかしがった。

調子に乗り腕の間から胸を突く?と笑いながら「触らないでね」と言った。いけると思い手を広げ完全に揉むと彼女は腕を下げた。しばらく揉みシャツをめくったが抵抗はしない。黒いブラの上から巨乳をしばし揉み、シャツを脱がせてベッドに横たわらせた。

背中に手を回しホックを外しブラをあげると想像どおりの巨乳が露になった。
乳首は既に立っていた。
その後は雰囲気のままに…

それ以降は友人であり、そういう関係でもあります。