カテゴリ:
エスカレートして生触りとかに発展

見つかったわけではないのでスレチだが、俺の体験を語る。
高1の冬、親友Aが俺んちに泊まりにきてた。
ちょうど姉(高3)の部屋にもB子さんが遊びに来てて、4人で俺の部屋で飲もうってことになった。
最初は雑談をしたりゲームしたりで楽しく飲み食いしてたんだが、それに飽きてきた4人は酒が回った事も手伝って「ちんこ触りゲーム」「おっぱい揉みゲーム」なるものを始めた・・・



姉が親友Aのモノをズボン越しに触ったり、俺がB子さんのおっぱいを服の上から揉んだりしてキャッキャ楽しんでた。

最初はその程度の遊びだったのだが、どんどんエスカレートして生触りとかに発展して・・・
親友Aの太い指が、姉の秘部を弄っている時の、姉の恥ずかしそうな、それでいて嬉しそうな顔・・・
俺はなぜだかむしょうにムカついて、そのゲームを半ば強引に中断させた。
4人は口数が減り、親友Aも俺に謝ってきたりですごい気不味かった・・・