カテゴリ:
長期入院してた時に入ったばかりの新人さんにとてもお世話になった

小6から中2にかけて持病で長期入院していたんだが、その年に入ったばかりの新人さんが、
運動会にも文化祭にも卒業式にも入学式にも出られない俺に同情してくれて、いつもいっしょにいてくれた。

中一の五月ごろ、夢精した。
小6の保健の授業をスルーしていた俺は何がなんだかわからず、涙目でその新人さん(既に新人ではないが)を呼んだ。
新人さんはちょっと驚いた顔をしたものの、いつもと違わないやさしい微笑みで俺の体に何が起きたのか教えてくれた。



下半身を見られるのは入院した当初から頻繁にあったから別に恥ずかしさはなかったものの、
はにかんだようなテレたような顔をしながら「そっかあ、○○くんももう大人かあ」と遠い目で見つめられるのはちょっと恥ずかしかった。
俺はその後も夢精を繰り返した。そのたびにその新人さんを呼んだが、「またあ~?」と笑いながら丁寧にきれいにしてもらった。
しかし夢精のペースが速くなり、陰毛が生えだしたにもかかわらず初歩的な性の質問ばかりをする俺をみて、何か思うところがあったんだろう。
ある日小学生用の性教育の本を持ってきて、一から性について教えてもらった。結構衝撃的だった。

そして、新人さんが見守る前で初めてのオナニーをした。
新人さんは別にその場でさせるつもりではなく、どうすればできるのか手の動かし方だけ教えるつもりだったようだが、結果として俺は射精してしまった。
新人さんはちょっと困った顔をしていたが、処理をしたあと「これで、一人でできるね」と笑顔を浮かべた。

夢精したときに新人さんに処理してもらうのを既に習慣と捉えていた俺はなんともいえない強烈な寂しさに襲われ、
どこにも行かないで、と中一とは思えないほど子供っぽい駄々をこねた。
新人さんは困惑していたが、それでもその夜は俺が寝付くまでそばで手をつないでいてくれた。これを、俺はずうずうしくも「了解」だと捉えた。
その後、オナニーをするときには新人さんを呼んで横でながめていてもらうことを何度かしたものの、
人手が足りない中で俺に付きっ切りで時間をとられる新人さんが疲弊しているのが目に見えてわかったので、さすがに申し訳なくなってある夜謝った。
新人さんは無言のまま話を聞いていてくれて、俺が話し終わると「○○くんは本当に大人になったね」と微笑んだ。ベッドライトの光でぼんやりと見える顔は本当にきれいだった。

これによって新人さんが俺といっしょにいてくれる時間は減ったが、俺はさびしくなかった。退院の時には涙を流して抱きしめてくれた。
最近、孫を連れてその病院にいった。もうあの新人さんはいないかもしれないなと思ったが、応対してくれた婦長さんがあのやさしげな微笑みを浮かべていた。
歳はとっていたもののまぎれもなく彼女だった。俺のこともしっかり覚えていて、持病に負けずどうにかやっていることを喜んでくれた。

孫を見せるとたいそう驚いていたが、しばらくしてから「…でも、昔の○○くんにそっくり」とあの微笑みを皺の深い顔に浮かべた。