カテゴリ:
ちょい前から同級生を半セフレにしてる話

ちょい昔からだけど高校の同級生を半セフレにしてる。
そいつはあんまり性の事に興味がない女で、まぁ可愛くはないぽっちゃり系。でもブスでもないような微妙な顔立ち。
高一の時、冬期講習の時にマッサージの練習相手になってほしいと頼んだらあっさりOKしてくれたので、学校にある、階段裏のある死角でマッサージという名のイタズラ開始。

最初は普通に後ろから肩や腰を揉んでたんだけど、段々と両手をおっぱいへ……かなり固いブラをしていた。まだ揉むのではなく当てている程度。それに気付いた女もこっちを見てきた。何すんのみたいな顔をしているだけで特に抵抗もしないのでそのまま揉み続けた。

 


女も若干びっくりしていたが、俯いたままだった。んで、女のネクタイを緩めて、ワイシャツのボタンをひとつ外して、そこから手を滑り込ませて生ブラを堪能した。

我慢できなくなった俺は、ワイシャツのボタンを更に3つ外して、対面に移った。完全に胸とご対面。ブラを外すのは、緊急時に危ないと思い、ブラの乳首に当たる所らへんを内側に折って、乳首ともご対面。人生初他人の乳首だった。

そこまでされても女は無抵抗。まぁ普通に接している時にちょいちょい尻触ったり、尻の割れ目に息子を当てたりとかしてたからある程度は覚悟してたのかもしれない。んで、乳首とご対面した俺は思わず吸い付いた。当たり前の事なんだが、無味だった。

それでも構わず吸ったり舐め回したりしてた。しばらくそうしていたら、階段を移動する足音が近くに聞こえて、俺も後の用事が控えていたため、そこで終了。ワイシャツのボタンを直してやり、ネクタイをあげてやった。ブラはそのままにしておいた。
そして、帰る間際にお礼代わりのキス。舌を入れたら舐め返してきたので、軽いDキス。そうしてその日は別れた。

その後も駅のトイレとかで胸を弄らせてもらった。 あくまでもマッサージの練習って事で。
その後、たまたま自分の部屋に連れ込む機会があったので、部屋でやったりもした。
部屋でやるとなると周りを気にしなくていいから、マッサージ物のAVみたいに寝かせて弄らせてもらった。あくまでもマッサージの練習。部屋という事で、下も若干触った。でもパンツを脱がす度胸の持ち主でもないようなヘタレな俺だから、パンツの上から触るだけ。

今はその女に別の彼氏が出来たらしいので、最近はしていない。でも、この間学校で見掛けるたらおっぱいが大きくなっていたので、なんとか呼び出そうと今に至る。

慣れていないもんで、連投スマソ