カテゴリ:
幼馴染みの一家と一緒に風呂に入るのが楽しみで仕方なかった

幼稚園のころから幼い馴染みの一家と家族くるみでつきあってたんだが、うちが共働きだったこともあって
3日に一度は夜遅くまで預けられてて、ご飯と風呂に入ってた。
そこのお母さんが若くて美人。3歳年上のお姉さんは俺の初恋の相手。
一緒に風呂に入るのが楽しみで仕方なかった。既にエロガキだったし。
姉の方は毛が生え始めた頃から(5年生くらい?)あんまり一緒に入らなくなったんだが、最後に旅行に連れて行って貰ったときには
父親のほうは一緒じゃなかったこともあって、おれも女風呂のほうに入ったら、母親に似ずに剛毛になってた。



中学1年だったからそれなりに胸も膨らんでたし。
姉のほうが一緒に風呂にはいらなくなってからも、お母さんの裸を見るのがすごく好きで、合計数百回は見たと思うのに飽きなかった。
中学に入ってからも、思い出してはオナニーしてた。
高校に進学してからは疎遠になってたんだが、このまえ久々にあったら、まだまだ若くて美人のまま。
姉の方は結婚して子供も産まれてたが、母親似の美人になってた。
久々に昔を思い出してオナニーしたが、イク前に思い出したのは、お母さんの毛が薄い股間だったな。