カテゴリ:
高校時代、階段を上がる無防備な先輩の美しい思い出話

高校に入って少し経ってからの話
放課後に放送委員は、○○教室に集まってくださいという事があった
俺は、放送委員になったので、そこの教室に行くのだが、場所を勘違いしたのか分からずに焦っていた

他の人も何かの委員なので、どんどん廊下から人が減っていった
そんな時に優しそうな眼鏡の女生徒がどうしたのと声をかけてきてくれた
俺は理由を離すと、場所を教えてくれて案内してくれる事になった



先輩の少し後ろをついていったのだけど
先輩に電話がかかってきて先輩は電話を取った
一応、学校は携帯持ち込み禁止なので、先輩は一言二言話して
俺に向かって、この階段を上がって、一番左の端の教室だからといって
小走りで階段を上がっていった

階段を上がる先輩は無防備で、先輩との段差が十段ぐらいついた時に下着が見えた
下着が見える事も予期して無かったけど、下着が赤のレースだったので
こんな派手な色穿いてるんだと思ってしまった





学生時代のエッチな思い出 5thMemory
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1304743703/