カテゴリ:
妻が海外で現地出産した時の大変貴重でHな体験

434 名前: えっちな18禁さん Mail: sage 投稿日: 2011/09/28(水) 00:38:28.77 ID: y7AC0/pT0


イギリス駐在中に現地で出産した妻。
妊娠初期の検診には通訳をかねて、俺がいつも付き添っていたが、
内診のときもそばにいることになった。

最初はドクター(女医)が内診するというから診察室を出ようとしたんだ。
そうしたら、「あんたもいなさい。通訳も必要だし、ワイフの身体のことを理解しなさい」とか
言い出して、渋い顔をする妻が気になったが、結局、そのまま診察室に残った。

 


診察台といっても日本のようなベッドではなく、大きな椅子の両側に脚を乗せる台があるタイプ。
そこに座って両足を台にのせると、いやおうなしにM字開脚姿勢になる。

ドクターは俺に見せ付けるかのように、妻のあそこをグイッとひらてみせた。
その時点で、もうフル勃起。

ドクターは俺に膣口を見せながら・・・
「このバギナに指をいれて、子宮の位置をたしめるから・・・」などといい、
一方で、恥ずかしそうに横を向いて目を閉じている妻にも、
リラ~ックスなどと声かけることを忘れない。

潤滑液をたっぷりつけたドクターの二本の指が妻のなかに入るとき暴発寸前だったよ。

正直言って、あんな妻の姿をみたのは始めてだったし、大変貴重でHな体験だった。







【入院】病院でのエッチな体験【羞恥】3
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1282729196/