カテゴリ:
バイトで雇ったともみちゃんは酔うとエッチをしたくなるらしいので早速ホテルに連れ込んだ 1

179 名前: えっちな18禁さん Mail: sage 投稿日: 2012/09/04(火) 00:56:10.36 ID: Gq5/ibCV0


俺も書いていいかな?

スペ
俺 31 会社員
セフレ 19 フリーター 細身Bカップ

俺は飲食店の店長やってるんで、若い子との出会いが多いので、この年の相手と知り合った?雇った?w

仮名でセフレをともみと呼びます。
ともみの彼氏もうちで働いていて、カップルなのは知っていた。
面接した時から、可愛いなぁ一発やりたいなぁ、とか思いながら採用。そしたら、店舗内で彼しできて、ちょっとショックw

だけど、ある日皆で飲んでいて、彼氏が先に帰って、ともみともう一人のバイト三人で飲んでいた。
目の前にいるともみに対して、ちょっと酔ったふりしてメールで、
酔うとエッチしたい、
って送ってみると返信が、
とももです、
って返って来たので、
じゃ、切り上げてホテル行こうかw
ってストレートに返信。そうしたら、
いいですよ!
って来たので、お会計済ましてもう一人のバイトにはともみを送って行くと良いながら、ホテルに向かった
ホテルについて部屋に入ってから、
ほんとにいいの?って聞くと
店長とならいいですよ?って笑顔で言われた。
店で良く下ネタ話してて、俺がしたいプレーや、してきたプレーがともみの興味と合致したらしく、彼氏ともエッチの相性が悪いとの事。
それで、一度してみたいと思っていたらしいw
 


一緒に風呂入ろうか、と誘ってみると恥ずかしいからやだと断られて、とぼとぼ部屋で一人で全裸になり風呂に入ろうとすると、
店長待って、と呼び止められチンコをまじまじ見られた。
え、なになに?と聞くと
うわぁ、大きいね。すごい…
と嬉しそう?恥ずかしそう?に言われた。
他の男と比べたことないけど、日本人平均よりは大きい愚息が大きくなった。
ともみが言うには、彼氏が初めての相手だったらしく、二本目のちんこらしいw
先に風呂入って綺麗にしてくるよ、と笑いながら風呂で真剣に念入りに洗ったw

バスタオル一枚で部屋に戻ると、ともみが服を着てテレビを見ていたので、
早く風呂入っておいで、じゃないと襲うぞ~、と冗談混じりでいうと
もーエッチ、って言われながら脱衣所に向かった。
ともみが風呂に入ってる間、シャワーの音がやたらとエロく感じて、風呂の方を見てみると、磨りガラスからシルエットが見えた。
それを見た時に、念入りにちんこ洗ってるシルエットも見られたのかな、と思うと少し恥ずかしくなったw

シャワーの音が止まり、上がって来るのを見てたら、
まだ見ちゃだめですよ、店長
って笑顔で言いながら、磨りガラスから半身出してバスタオルをとるともみはなぜかエロかったw
そして、期待通りの色白さ、細さをチラッと確認した時に愚息がそそり立ったw


ともみが風呂からバスタオル一枚で、恥ずかしそうに俺の座ってるベットに来て、横に座ってきた。
愚息がバスタオルにテント張ってるのに、変然を装いながら、ウーロン茶を差し出してみる。

そしたら、もう少し酔わないと、恥ずかし過ぎて出来ないよ、と言われたので部屋にあった酎ハイを二人で飲んだ。
飲みながらの会話は下ネタばかりw


会話は彼氏がこの頃冷たいとか、
エッチがマンネリ
言葉ぜめされたいのにしてくれない
浮気になるけどいいの?、って聞くと
一回ならばれないです
とか下らない会話をお互いにバスタオルに一枚で、笑いながら話してた。

三本目の酎ハイで、部屋にあるのもラストで、半分こしながら飲んでたんだけど、
俺が口移しで飲ませてあげると、もっと下さいと、と上目使いで酔った目をしてせがんできたので、
まだ有るけど後でね、と言いながら舌を絡ませた


舌を絡ませた後に、耳を舐めながら
浮気のエッチに背徳感は?
と聞きくと
ある…けど、今はしたいです
とビッチ発言
実はやらしいんだね、ともって
と言いながら舌を耳なら首に流すと、ともみの息が上がり始めた


息が上がり始めたともみを見たら、S心が発動してしまった。
俺がベット転がり、続きしてあげるのやーめた、と何もしないで焦らしてみる。愚息は相変わらずテント張り続けてるどw

そうするとともみは、なんでしてくれないの?とちょっと淋しそうな顔をして、俺の愚息をバスタオル越しに撫でてくる。

どのくらいのしたいのか態度に表してごらん、俺のヤル気にさせてよ
と、愚息はMAXヤル気なのに煽ってみる

ともみの心をくすぐるように仕掛けてみると、俺のバスタオルを外して直接愚息をしごき始めた。

ほんとに大きいね、ヤル気させるように頑張るよ。

と言いながら、チンコをしごき俺の乳首を舐めてくるともみを見た時に、経験人数一人の割には手慣れてるなと思った。
俺は言葉攻めが好きなので、思った事をそのまま言葉にしてみた。
結構手慣れてるね、彼氏とは週何回エッチしてるの?
ともみは俺の乳首を舐めたまま目線を合わせて、ほぼ毎日してるよ、彼氏がしたいっていうし…、と緊張がほぐれたのか責めるのが楽しいのか、しごく手付きもいやらしくなって来ていた


って事はこうやって責めるのは、彼氏にならったんだね。ともみって今は攻めてるけど、実はMでしょ?

…うるさいなぁー、そゆーことは恥ずかしいよ。それにMだけど、今はSなの。

とバスタオル一枚の姿で攻めてくるともみの姿と、愚息から玉へとスライドしていく手つきを楽しんでいた。

店長、先から何か出て来たよ?

昨日も彼氏の舐めてたんだろ?なら、俺がどうして欲しいかわかるよね?

ばか…

と一言言うと、俺の愚息をしゃぶるのではなく、横舐めで焦らしてきた。その間も右手は玉を摩り、左手は乳首をいじるという、慣れてる印象は否めない

次)バイトで雇ったともみちゃんは酔うとエッチをしたくなるらしいので早速ホテルに連れ込んだ 2







体験談 俺とセフレの話
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1344917304/