カテゴリ:
「今からお前を犯すよ」といじめられぐせがついている女子の耳もとでささやいた

俺の中学時代はいじめの全盛期で、社会問題にもなっていた。
俺の通っていた中学も例になくいじめがあって、顔はかわいいけど馬鹿で性格の悪い
女子が男子からいつもいじめられていた。そんなある日、俺のダチと馬鹿話をしていたら、
その女子のことが話題になり、今度レイプでもしてみるかということになったが、そのダチ
は本当にはしなかった。だがレイプしたくなってきて俺は一人で実行した。まず誰も来ない
場所を探し、女子を呼び出して・・・


場所は学校の廊下の端にある資料室で、誰も来ないことは確認済。
女子はいじめられぐせがついているのか、「ちょっと来い」と呼ぶと資料室まで
来させることに成功した。俺はいつものようにいじめをするふりをして、実はレイプに
持ち込むことを考えていたので、自分のベルトを外し女子の手を拘束した。
次に叫ばれたら困るので、ガムテープで口をふさいだ。これでレイプの準備は整った。



準備も整ったところで、俺は女子の耳もとで「今からお前を犯すよ」とささやくと、
「ん~ん~ん~」と声にならぬ声を出した。服をまくりあげブラジャーを外すと、
まだ成熟しきっていない胸が出てきたので、思わずしゃぶりついてしまった。
赤ん坊のように吸い付き、胸を揉みながら顔や胸に舌をはわして楽しんだ・・・
いよいよ挿入するかという気になってスカートの中に手を入れ、ブルマとパンツをぬがし
てマンコにチンポを挿入しようとしたが入らない?


チンポがマンコにどうしても入らない・・・
よくマンコを見ると濡れていない・・・
そこで濡らすために、指でクリちゃんを刺激してみた。
少し濡れてきたので入れようとしたがまだ入らない。
これではダメだと思いクンニをすることにし、バター犬のようにペロペロなめた。
なんと彼女も感じているような表情を一瞬見せたのだ。
しばらくなめているとかなり濡れてきたので、挿入できると確信しチンポを入口に・・・


チンポに力を入れ、全体重をマンコにかかるようにしてようやく挿入できた。
女子の顔は苦痛に歪み涙がたれ、マンコからは血がダラダラ流れていたが、
それを見た俺は、嗜虐欲に火がつきマンコの感触を楽しみながら腰を振り続けた。
中出ししたい誘惑に勝てず、彼女の中に俺の全てをぶちまけた・・・
ドクっドクっとかなりの量の精液が子宮に流れ込み、残りがチンポを抜いた後のマンコ
から流れ出ていた。普段オナニーをする時の量に比べ、かなりの量が出たと自分なりに
感じたね。


しばらく余韻にひたっていると、再びちんぽが再始動。
今度は正常位ではなく、バックからついてみることを考え、放心状態の彼女を
よつんばいにし一気に挿入。彼女のおしりの肉と俺の股間の付け根がぶつかり合い、
ばちーん、ばちーんといやらしい音を立てていた。一回目と違いヌルつきがあって、
速攻で逝ってしまった。最後はインスタントカメラに彼女の体を撮って終了。
その後は写真で脅し、中学卒業まで1週間に1回はレイプというか和姦で

良い子の皆は俺みたいにレイプしちゃだめだぜ?