カテゴリ:
酔った勢いで家飲み仲間にフェ◯チオしてもらった

家飲み仲間(男女複数)がいたんだけどいつも今回は○○の家でなと決めて
訪問者達が酒を持ち寄り集合してた。

その日は男子一番人気のR子の家が集合場所。
時間にだけは正確な俺が一番乗りしていつもと同じように始めだした。
ところが集合時間1時間過ぎても2時間過ぎても誰も現れない。
それどころか途中ポツポツとキャンセル連絡が入りだし結局2人飲みで4時間以上が
経過して日付も変わってた。周囲にはビール缶が散乱しテーブルには空に
なったワインボトルが何本も。

 


前日から一生懸命に料理を用意したRと出張先から予定変更してまで長距離
移動してきた俺は酔いに任せて他の連中への愚痴のこぼし合い。


ベロベロ&被害者意識で盛り上がった2人が向かったのは何故かスレタイ方面。
成り行きはよう覚えてない。
気がついた時はテーブルを部屋の端にどかしソファーの上でみっともなく
下半身だけ剥かれた俺がRの唇の間から現れたり隠れたりしてた。

そんな凄い光景が目に飛び込んできた俺だったけど下半身の感覚はほとんど無かった。
ソファーの前に座り高スピードで頭を上下動させてくれているRの姿には興奮したものの、
いつもあるはずの膨張感や充血感や摩擦感といった感触がまったく無いままにまた落ちて
しまったらしい。
今となってはこの時間が数秒なのか数分なのか数十分なのかさえわからない。


再び朝の光で起きた俺にRはしばらく口を開いてくれなかった。
それは疲れからじゃなくw恥ずかしさでもなくもちろん怒りから。
集合しなかった連中への怒りの後、男としての役目果たさなかった俺へのWの怒りが
増幅されていたらしい。

しばらくして怒りが治まった頃に聞いた話では途中休みはあったがその行為は外が白みだす
頃まで続けられたらしい。朝を迎えてさすがに自分もバカらしくなったんだと。
それ以上聞くとまた火がつくと思いそこで止めたけどホントはもっと詳細聞きたかった。
理由はRの口から語られるその顛末聞いてた時が一番興奮したから。