カテゴリ:
人妻「知らない人にぶち込まれたいの…ねぇ、犯して、犯してください!」

暖かいある日、営業で歩いていると”パサッ”と何かが落ちてきた…
「おぉ!あぶねぇ~って…ん?」
落ちてきたのはレースの真っ白なパンティーだった。
おもむろに上を見ると、綺麗な女性が下を見ていた。

「持っていきましょうか~」
と言うと、
「すみません」
と恥ずかしげに言った。
その顔は色っぽかった。
実際にあってみると、これまた色っぽいと言うか、かわいい。タイプである。
「どうぞ」
と渡すと、顔を赤くして
「すみません、良かったらお茶でも。お礼にもなりませんけど…」
と部屋へ誘われた。
悪い気はしない。タイプの人妻と2人だなんて。



彼女は部屋へ誘い振り向いた。
すると後ろのスカートが引っかかってるのか、お尻が見えている。
…?お尻が見えている?
「もしかして…はいてるやつを落としたんですか?」
と聞くと小さくうなずいた。
その瞬間だった、俺が動いたのは。
「凄くタイプです。綺麗だ。」
そういうと彼女は黙って振り向き、俺にキスをした。

我慢できずマンコのヒダを嘗め回す。
甘いにおいと、色っぽい声が、俺を誘う。
胸を触りながらキスをすると、彼女は俺のズボンの上から、息子をいじりだした。
ベルトをはずし、ファスナーを下ろす。

パンツの中に手を入れ弄る。
パンツを脱がされ、チ○ポは奥さんの口の中へ。
舌がやらしくまとわりつく。
ベットへと連れて行かれ、どうぞとばかりに横になる人妻。
俺は服を全て脱ぎ捨て、人妻のもとへ。

「ところで、いいの?こんな知りもしない男と」
人妻は黙ってキスをしてくれた。
まるで本当の恋人のような気分になってしまう。
お互い長い愛撫を繰り返していると、人妻が口を開いた。
「早く…入れて…」
ズキュン!と胸を打たれた気分だった。

俺は何も言わず、女を上に乗せ、女の手を俺のチ○ポへと誘った。
女は微笑みながら、チ○ポを自分の割れ目へと運ぶと、「はぅ!」と声をあげて一気に挿入させた。
「あぁ~凄い…きもちいい。」
そういうと髪を振り乱し、その綺麗さからは想像できないほどの淫乱さを漂わせている。
「もっと…もっと、犯して。お願い!奥までついて、壊れちゃう…」
「もっと犯してほしいの?」
「知らない人に犯されるの、ぶち込まれたいの…ねぇ、犯して、犯してください!」

俺はチ○ポを抜き、四つん這いになるように言うと、バックで一気に突き上げた。

「ほら、犯してやるよ。」
「もっと、そう、もっと犯して…」

なんて締りが良いんだろう。ぬれ方もいい。
もう我慢が出来そうに無い。

「中に出してやるよ。俺の子を孕ませてやる。しっかり受け止めろよ」
「だめ、中だけはやめて下さい」
「犯してやってるんだ!中に出してくださいだろ!」
「すみません、中に出してください!あなたの子を孕ませてください」
「知らない男の子を孕んで喜んでるんだな、この淫乱が」
「淫乱なんです。だから孕ませてください!お願いします」
「よし、出すぞ、出る」
「あぁ~出して、出してください。中に出して、孕ませて~」

ドピュッ!ドピュッ!ドクン、ドクン
俺は中に出しまくった。
そのあとも2回出した。
3回目に中に出そうとしたとき…ガチャ

「ただいまぁ~」
「えっ!」
「おい!何してる!」
「あっ!出る、出る!」
「何中に出してるんだ!ふざけるなよ」
そういって俺に殴りかかってきました。
「やめて!」

彼女はそういうと俺をかばってくれました。
ご主人らしき人の目の前で中に出された奥さんが、俺を抱きしめてかばってくれました。

「とにかく、さっさと服を着て出ていけ」

そういうとそのご主人らしき人は部屋を出て行きました。
ドアが閉まったのを確認し、奥さんのお尻を持ち上げると、我慢できずにもう一発してしまいました。
そのあとはお掃除フェラをしてもらい、着替えて家を出ました。
今でもその家の前を通ると、なぜか上を見上げてしまいます。