カテゴリ:
お店を貸し切りスナックの女の子達と大乱交した体験談

知り合いが万馬券を取ったと、嬉しそうに電話があって、二人で知り合いの行き着けのスナックで、飲む事となった。

8:00からスナックを貸切で飲んだ。
飲み方が、半端じゃなかった。それこそ浴びるように飲んだ。
飲めや歌えの大騒ぎだった。

ママさんとホステス二人も困惑気味だったが、徐々にペースに引きずり込まれて、ホステス二人も、ちょっと酔っぱらってるみたいだった。

ママさんは、徹底的に飲むと言って、入口に本日貸切の札を掛けて、鍵を掛けた。
知り合いは、目つきがトロンとしてきて、危ない感じだった。



「俺は、脱ぎま~す。みんなも脱ごうよ」
と言って、全裸になると、
「何やってるの、おまえらも、早く脱げよ。気持ちいいぞ~、脱げ、脱げ」
と言ってると、ホステス二人が脱ぎ始めた。
「おい、女の子が脱いでるのに、おまえも脱げよ。パ~と行こうぜ」
と言われ、しぶしぶ全裸になると、ママさんが後ろから抱き付いてきた。
背中に生の乳の感触が、

「えっ、いつの間に?」
しかし、ポッチャリした体で巨乳だった。
外見は、そんなに巨乳に見えなかったが、凄い大きさだった。
恥ずかしそうに隣に座ると、グラスの水割りを一気に飲み干した。
俺の足の上にママの手が。その手が徐々に上に上がってきて、チ○ポの先を触ってきた。
知り合いの視界には入っていなかった。

ホステスの一人は、酔い潰れて、ソファーに横になっていた。
もう一人のあいちゃんは、酔って、知り合いのチ○ポをシゴキながら、
キスをしようとしていたが、当の本人は、今にも寝そうな状態だった。
ママさんも、大胆になり、指でシコシコと動かしだした。

私は、この段階で、既に勃起していた。
手を伸ばし巨乳に触れると、40才の割りに張りのある乳房に感激しながら揉んだ。
乳首は、さすがにデカイ。
手の平で、転がすように愛撫すると、
「あん、そんなにされると、気持ち良くなって、きちゃう」
「ママさんのオッパイ柔らかくて、気持ちいい。乳首舐めてもいいかな」
と言って、その大きな乳首にむしゃぶりついた。
そこへ、あいちゃんが、
「あっ、ずるいママだけ~、私も仲間に入れて~、この人、寝ちゃったよ」
そう言って、私の隣に移動してきて、ママさんの手を振り払い、いきなりチ○ポをしゃぶってきた。

ママさんは、私に体を預けるような体勢になったので、ママさんの脇から手を入れて両手で乳房を揉むと、その重量感は、凄かった。
指で乳首を転がすように揉むと乳首が勃起した。
一方のあいちゃんは、首を上下に激しく振り、気持ちいいフェラをしていると、
「私のも、触って~」
と言うので、オシリの方に手を回し、触ってみる。
アナルのしわが判る。
徐々に指を下ろすと、ヌルッとした感触が指に伝わり、そのまま、中に指を入れると、中はイヤラシイぐらいにヌルヌルだった。
ゆっくり掻き回すように、指を動かした。

「あん、いい、ズボズボして~」
「ヌルヌルでトロけそうやね」
「私も触ってよ~」

とママさんは、こっちにオシリを突き出した。
そのオシリのわれめを押し開き、マ○コを見ると、しっとりと濡れている。
指に唾をつけて、マ○コに入れて中の状態を探ると、小さなブツブツ状のものが、ややザラザラして気持ちいい。
興奮しながら、ゆっくり出し入れすると、ヌルヌルの液が溢れ出てきた。
「はう、あん、いい、あん」
と喘ぎ始めた。

あいちゃんは、後ろ向きに私の前に座るように、チ○ポを握り、マ○コに当てがい、腰を下ろし、深々と根元まで入った。
入ると前後に小刻みに腰を振った。
「あ~凄い固いわ、あん、あ~、」
私は下からゆっくりと突き上げながら、Cカップぐらいの乳房を揉んだ。
片手は、ママさんのマ○コを激しく愛撫している。
あいちゃんは、髪を振り乱して悶えている。

「あん、もっと、突きまくって~あぁ、あん、いい」
「じゃー遠慮なく突くよ」

と言って、あいちゃんの腰に手を当てがい、ガンガン突き上げた。

「あ~、いっちゃう、いっちゃう、はぁ、あん、いく、いく、だめ~、いっく~」

と言って退け反り、ソファーに倒れ込んだ。
横では、ママさんが、オシリをフリフリして、
催促している感じだったので、すかさず四つん這いのママさんの後ろから、
マ○コに挿入すると、キュッと締まる気持ちいいマ○コだった。
一気に根元まで入れて、一気に引き抜いた。

(ズボッ、ジュルジュル)
また、ゆっくり入れると、
「あ~、早く~気持ち良くなりたいの、あん、きて~」
「ママさんのマ○コって、締まりがいいから、ちょっと動くと、イキそうですよ」

私は、そう言って、段々と出し入れのスピードを上げた。
大きく垂れ下がる乳房を、下から持ち上げるように、揉むと、ママさんは、自ら腰を振りだした。
「イキそうなの、あん、たまんない、いい、はう、はぁ~ん、あん、いっ、いっちゃう~、あん、いく~、いっ、いく~、あん」
とママさんがイクとマ○コがキュッと締まり、ジワーっと、穴が拡がっていく。
私は、イキそびれて、しまった。
あいちゃんは、疲れて眠ってしまった。
ママさんが、起き上がり、チ○ポをシゴキながら、口に含み、舐め回し、唾でベトベトにすると、巨乳の谷間にチ○ポを挾み動きだした。
「どう、気持ちイイ?これは、どう?」
と動かしながら、谷間から出るチ○ポの先を舌先で舐めた。
鳥膚の立つくらい気持ちよかった。
「あっ、イキそう、あっ、出る~」
「出して、出して、いっぱい出して」
「出、でる~、うっ、」
と谷間から出たチ○ポの先から、ドピュッと大量に発射すると、ママさんは、指で、掬って舐めた。
イッテ、ぴくぴくしてるチ○ポを谷間で、ゆっくりシゴかれて、最後の一滴まで絞り取られても、まだ勃起している。

次)お店を貸し切りスナックの女の子達と大乱交した体験談 2