カテゴリ:
残業後の会社帰りだったので、もうすっかり夜7時半くらいだったろうか。
隣に、どうやら弓道部らしき髪の長い女子高生が座ってくる。

肌は白く、目はクリクリしていて、かわいらしい。髪も染めている様子はなく、純真なイメージの少女である。

これは…!と欲求が高まる。
そこで、ある手を使ってみた。パッチン。
そう、後ろから、いきなりブラジャーのホックを外す技。
少女はびっくりしてこちらをにらむ。
でも動くとブラジャーのホックがはずれているのが見えてしまうためか、動けないでいる。
かわいいことに、頬を真っ赤に染めている。



俺はその少女の腰に手をまわすように、ススっと背中側から手を忍ばせる。
少女は涙を浮かべ、持っていた弓にしがみついている。
後ろから、手を伸ばし、あぁ…柔らかい手に少し足りないくらいの乳房。

滑らかさを堪能するため、優しく全体を撫でてみる。
少女の振るえが伝わる。たまらない。
今度は大きくゆっくり揉んでみる。

乳首には、触れぬよう注意して。程よい弾力、柔らかな感触、滑らかな肌…
そして、少女の甘い香りと温かさ。もう夢中だった。
人差し指で乳首に触れる。
ビクッ…少女は思わず反応した。
そこで、そっとささやく
「気持ちいいのか?」
少女は真っ赤になり、小さくイヤイヤしたが、それがかえって興奮を高めた。

親指と人差し指で、乳首を捏ね繰り回す。
少女も流石にはぁはぁと息を荒くし、ビクッ、、ビクッと反応を抑えきれない様子。
あぁもう駅か。ならば…。

駅に着く。
俺は少女の腕を握り、一緒に降ろす。
そのまま強引に、近くの空家の駐車場に連れて行く。
少女はメロメロになっていたせいか、弱い力で抵抗した。
それがまた、興奮する。
耳元でささやく
「電車の中で、感じてただろ?もっと気持ちよくしてやるからな」
少女が
「やめて!だれか!!」
と叫んだので、慌てて口を抑えた。
「おとなしくしてないと今すぐ犯すよ」
というと、おとなしくなってくる。

セーラー服をまくり、乳房にしゃぶりつく。
少女は抵抗するが、口と同時に頭も押さえつけられた状態なので、あまり動けない。
乳首にねっとり舌をからめ、コロコロと転がす。
「硬くなってるよ…いやらしいね」
軽く乳首をかんだり、吸ったり、レロレロといやらしく舐めているうち、少女の抵抗はなくなっていく。
「んんんっ」
甘いくぐもった声がもれてくる。
そこで、手を離す。

そして片手で乳首を捏ね繰り回し、もう一方の乳首を舌でメチャクチャにしながら
「あっはぁん」
少女の声。
パンティへ手を伸ばす。
そこはもうぐっしょりとぬれていた。
もはや理性は吹き飛び、いっきにパンティを剥ぎ取って、足の間に潜る。

割れ目に沿って舐め上げると、
「あぁあ~ん」
ともうすっかり感じきっている様子。
あった小さな突起。
これを指で捏ね繰り回す。

もう、愛液は滴り、少女はこれにはひとたまりもなく、
「あっあっあっもうだめ…!!!」
と言って、ガクッと崩れ落ちた。
「イっちゃったんだね」
少女は呆然としていたが、俺はもう待てず、ズボンをぬいで、一気に正常位で挿入。
「はぁん」
少女の声がたまらない。獣のように犯す。
「あっあんいやっあんあんはぁうっ」
片手で乳首、片手でクリを責めながら腰を振る。
なんて気持ちいいんだ!
「あぁんっんっあっあっだめぇっ」
あぁ俺もすぐのぼりつめそうだ。
そのとき、
「ああっイくっイくっああああああ!!!」
少女は俺にしがみついていってしまった。
おれはそれを見て、耐え切れずに少女に中に大量に射精した。

しばらく、そのまま少女の上にいた。
少女はなぜか俺を抱き締めてくれた。
ズルっと抜いた時、少女の中から精液がドロドロと出てきた。
「またしてやるよ」
といって、帰った。
最高の中出し体験だった。