カテゴリ:
バーで働く18歳短大生が快楽を積極的に求めてくるまでの体験談

仕事の帰りに地元の駅に着き改札口を出ようとした時、20代前後の女の子とぶつかり転びそうになりかけました。
「ごめんね、大丈夫ですか?」
「あっ いいえ、こちらこそすいません。」

とその場を離れました。
その彼女の爽やかさが妙に心に残りました。
駅前にある喫煙場所で煙草を吸っていると、さき程のぶつかったあの女の子が前を通り過ぎました。
彼女は私が行こうとしている店と同じ方向に歩いているので、後をついて行くかっこうになりました。
彼女は私の目的の店の3、4軒手前にあるモダンなダイニングバーの店に入って行きました。
こんなお洒落な店に来るんだなと思いました。

私はそのまま行きつけの店で1時間ほど飲んだのですが、帰りに彼女が入った店が気になり入ると、店内の雰囲気も良くカウンターに座りました。
見渡しても客の中に先程の女の子が見えず、もう帰ったのかなと思っていたところに、「いらっしゃいませ」とオーダを取りに来た子が彼女でした。



彼女はこの店でアルバイトをしていたのです。
頭にバンダナを巻き黒い作務衣(さむい)を着た彼女は先程見た彼女とは違い可愛く、素敵でした。
彼女は私のことは全く分からない様子でドリンクと料理のオーダを取ってまた別の客の対応をしています。

ビールと料理が出てきた時、「さっき駅でぶつかったね。」と話しかけると、ビックリしたように「えっ? あーっ!」と驚き、ここに来た理由を話すと「偶然ですね。」と。
小柄ですが、スレンダーで可愛い女の子です。
この日をきっかけに3回この店に立ち寄りました。

彼女の名は美加で短大の1年、18歳でこの店で4ヶ月間アルバイトしていたようだ。
3回目に店に来た時、小さい声で
「今日でアルバイト最後なんです。」
「残念だね。今度、アルバイト退職祝いに食事でも行かない?」と誘うと
「えっホントですか?」と携帯とメールを書いたメモ用紙を渡してくれました。

翌週の夕方に待ち合わせをし、次の日が休みでゆっくりできるということなので、イタリアンレストランで食事し、カフェバーで飲み直し、いろいろなことを話ししました。
美加は女子短大で男の子と出会いがなくまだ恋人がいないようで、ボーイフレンドならいると言っていました。

お互い少し酔って最後にカラオケボックスに誘うと意外にも喜んでついてきました。
二人とも3、4曲ずつ歌ったでしょうか、酒も入っているので、
美加の肩を抱き寄せキスをしようとしました。
唇を合わせようとすると顔を横にして避けます。

「いや?」
「だって。こんなんじゃないと思ってたから。」
「美加ちゃんが可愛い。」

と逃げ腰の美加の頭と顔を両手で押さえ少し強引に唇を合わせました。
抵抗にもかかわらず心に火がついてしまったのを止めれません。
こんな若く可愛い子とデートしカラオケボックスに来ることはもう2度とないかもしれないと思うと、少々強引でも仕方ないと思い、美加の唇をこじ開け舌を入れ美加の舌を追いかけました。

半開きの口から「あっ、あっ、あっ」と顔を背けて苦しそうに、そして両手で私の身体を押しのけようとします。
唇を美加の唇からうなじ、そして耳へと移し唇で挟み耳の中を舌でなぞりました。
美加は両手で抵抗をしながらもピクピクと身をよじるように反応しています。
「あーっ ダメ、ダメ。」
「美加ちゃん、可愛い、スゴく可愛い」
耳元でささやきながら耳全体を口に含み舌先で内部をやさしく掻きまぜます。
「ダメ、ダメ、ダメ」といいながら私の口から逃れようとします。
美加の後頭部を押さえいた手で髪の毛、首筋、肩、背中のブラジャーのラインを撫でまわします。

そして手を美加の乳房にあてがいました。
少し小ぶりですが、形がよさそうなことはその感触でわかります。
「イヤっ。ダメっ。」と私の手を振り払うように拒みます。
「可愛い 可愛い」とささやきながら情熱的で濃厚なDキスをしました。
美加の舌を吸いながら拒んでいた両手を私の首に回し抱えるように促します。

美加の抵抗が弱くなり、目を閉じ口を開けて私の舌の動きを受け入れ始めました。
再び美加の乳房を触ると一瞬拒む仕草をしましたが、乳房全体をソフトに触ると、
唇を離し下を向いてじっと耐えているかのようです。
乳房の感触を感じながら乳首を探しあてました。
親指で薄いシャツとブラジャー越しに乳首と周辺を円を描くようにさすると美加はピクっと反応をします。

耳、うなじを唇で愛撫しながら開いた胸元からブラジャーの下まで手を滑り込ませ乳房を直接触りました。決して大きくはない乳房ですが張りがある若い女の子特有の触りごたえのある乳房です。
乳房全体を手に包み上から下に円を描くように揉みしだき小さく硬くなった乳首をつまみます。
乳首を親指と人差し指で柔らかく挟みながら「ここ触られるの初めて?」
と聞くと「イヤ、イヤ。」と首を振ります。
しかしうつろな目とほのかに上気した頬は感じ始めていることの証明です。

シャツをたくしあげてブラジャーのホックを外すことも抵抗もなくなすがままです。
ツンとした膨らみは若い女の子特有でその先にある小さい硬くなったピンクの乳首を舌の先で転がします。上下左右に乳首を刺激したり吸うと美加の身体はピクビクと反応し、
その後は声を押し殺し私の頭を抱えてきました。
美加の身体は小刻みに震え始めます。
片方の乳首を吸いながらもう一方の乳房を揉み続けます。
ソファーに身体を預け顔が天井を仰ぎ、私の舌と手の刺激に身を任せています。

乳首を舐めながら手をジーンズの上から太ももの内側を撫で大切な場所に少しづつ迫ります。
ジーパン越しにその凹凸部分の割れめに沿い指先でなぞります。

「あっ あっ あっ」
中指で感じやすい部分をギターの弦をつま弾くように刺激を与えます。
「うっ うっ うっ」「あーーっ」「あっ あっ あっ」
「美加ちゃん、気持いい?」と聞くと首を小さく何度も振り応えます。
「我慢しなくてイイヨ、ヨカッたらイッテイイヨ」
「あっ!あっ! あっ!」
「思いきり声を出して!」

私は左手で乳房を揉みしだきながら右手の親指をクリトリス、中指を腟に当てがい、バイブのように震わせて美加を絶頂へと誘います。
美加は顔を上げ目を閉じてソファーの背もたれにのけぞって声もだんだんと大きくなってきます。

「あっあっあっあーーッ、あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あーーぅ!」

ぐったりとなった美加は時折ピクっピクっと痙攣か走っています。
左腕で美加の頭を抱き起こし抱きしめました。私の胸に顔を埋めてもまだ時折痙攣が走っいます。
「可愛いよ。良かった?」
顔を私の胸に押し当ててうなずきます。
しばらく無言で抱きしめていました。

次)バーで働く18歳短大生が快楽を積極的に求めてくるまでの体験談 2