カテゴリ:
小柄のロリ系女子大生の処女を喰った体験談

十年位前、私は既に結婚して十年になっていました。
妻のことは好きですし、特に不満という訳ではなかったのですか、私にとって忘れられない女の子との短期間の思い出があります。

学生時代にアパートがあった街が懐かしく、たまに仕事帰りに立ち寄り、いつものようにその頃からある居酒屋で飲んでいました。
Y美との出会いは居酒屋を出てもう一軒行きたい店に行こうとする途中にありました。

なんとなく引き付けられる小さなパブがあり、店に入りました。
店内は周りをぐるりとテーブルが取り囲み、客が十人程座り、女の子が五、六人客の相手をしていました。
空いているテーブルに着き、まもなくすると、なんと高校生のような小柄のオカッパ頭の女の子(彼女がY美です)が私の前に座りました。



「よく高校生と間違われるんです。女子大の2年てす」
「幼くみられるのは複雑な気持です」
などY美が既に成人していることを強調しながら、盛り上がっていました。

私は次ぎの予定があるので店を出ました。
次ぎの店で懐かしいマスターと思い出話に花がさき、最終電車に間に合うまで飲んでいました。
駅のホームまで行った時、Y美が椅子に座って同じ最終電車を待っていました。

目的地が同じで一緒に帰り、食事をして帰ることに誘いY美もオッケーしました。
お酒も少し入りアパートまで送ることもオッケーで、一緒に歩いている時は彼女の小柄の肩を軽く抱くことにも拒否されませんでした。

アパートに着いて、「部屋に入りたい」というとこれには強く拒否し、「知り合ったばかりなのでダメ」の一点ばり、なだめて説得しても拒否されるので仕方なく帰ろうとすると、途端に意外にも「お茶だけならオッケー!」が出ました。

その時Y美は二十歳で私は四十になった中年で、スケベこころを持った私としては内心「やった!」と勝利を確信しました。

部屋に入るなりキスをしようとしました。
ところが強力な抵抗に会い、その余りの強い抵抗に愕然とし諦めてガッカリしながら寝ることにしました。

ベッドに入り横を向いて暫く目を閉じて寝ていると、ベッドの下で座っていたY美がそろそろと私の横に入ってきました。
私は先程のキスをしようとして予想外の抵抗があったため、諦めて寝ているふりをしていましたが、Y美は私の顔を覗き込むように肩越しに「もう寝た?」と話しかけてきました。

「寝られる訳ないよ」
「キスだけでもしたい」
と言ってY美の顔を引き寄せ、キスをすると全く抵抗なく私のキスを受け入れました。

さらに舌を入れるとすんなりと舌を受け入れ「うっ うっ」と発しながら、キスがまるでセックスのように激しいDキスに発展しました。
あまりにも濃厚なキスで私自身びっくりする本当に激しいキスでした。

彼女の舌が私の口を暴れまくってしました。
その間、何度も胸に触ろうとしたのですが、強力な抵抗に会い諦めて「やっぱりダメだな」と自分言い聞かせおとなしく寝ることにしました。
その日にはDキスだけで終りました。


数日後、Y美に電話をかけると「連絡くれないと思ったし、もう会えないと思っていた」という良い返事。
「すぐにアパート行っていい?」とすぐにY美の部屋に直行。
部屋に入るなり前回のように激しいDキスの嵐。
またまた私の舌がY美の口に吸い込まれるようでした。
本当に上手なキス。

ベッドに引き上げようと思ったのですが、抵抗に会い、これ以上無理にするとレイプになりそうです。
そうこうしている内にやっとベッドに引き上げ、ピンクのジャージの上下を着ているY美の両足の間に私の両足を割り込ませ格闘技でリンクの上で寝技のような体勢に持ち込み、キスまたキスの攻勢。

時折彼女がピクッ、ピクッとするのは私の硬くなったモノが彼女の下腹部に当たるみたいで当たる度に避けているのがわかりました。

耳たぶ、うなじ、首筋などキスしながらも胸に触ろうとしても拒否されるので、一気に下半身を攻撃しよう考え、自由の効かないのを利用して私の手は下のジャージとパンティーの下に滑り込み、陰毛の先の既に濡れている花園に達しました。

割れ目をなぞると「イヤっ、イヤっ」と強く抵抗され失敗に終りました。
しかし、胸には瞬間も触れなかったのに濡れたアソコは数秒間触れたことに少々満足し、ひと休みすることに。

向こうを向いているY美に
「どうして嫌がるの?」
「凄い濡れてたよ」
「キスはあんなに上手なのに」
というと恥ずかしそうに顔を伏せて
「強引なんだから! キスも初めてなんだから」
あのキスが初めて!?
「ゴメンね、強引にしないから、優しくするからこっち向いて」
とY美をなだめ仰向けにさせ、ゆっくりとピンクの上のジャージを脱がせようとしました。

次)小柄のロリ系女子大生の処女を喰った体験談 2